▶初めてのあなたはコチラから
本気で人生を変えたい!今が人生の転機のあなたのためのサイト。
▶2017年3月生募集スタートしました。2月27日までで締め切りです。さらに詳しく >

この人だったら、自分のことをわかってくれるかも知れない」


私がビジョンアートメソッド受講を決めた1番の理由です。
                     (現受講生談)


▶クライアントの方々の喜びのお声

『ビジョンアートメソッド』を推薦します。

卒業生インタビュー

十河浩二さん 花咲かせ塾 主宰 理学療法士
画像の説明
スクリーンショット 2014-06-13 23
十河さんの著書


動画インタビュー


豊岡厚惠(とよおか あつえ)さん 歌手
画像の説明s_side_schedule (1)

動画インタビュー

13年前、ビジョンアートメソッド受講をきっかけに、
子どもの頃から夢だった歌手になるビジョンが明確化。
その後、多くの試練に果敢にチャレンジし、ついに夢をつかむ。

”歌”は人を励まし勇気づけ、心を癒し、時には、何かを気づかせてくれる・・・

そんな歌を通じて、
人間本来の愛、優しさ、悲しみ淋しさ、喜びなどを共有したく、ソロ活動を通し、シャンソンをはじめ、音楽のジャンルにとらわれない歌の活動を行っている。

お芝居の経験やフリーアナウンサーとしてTV・ラジオのCM・ナレーション、1200件を超える司会業の経験を経て接遇マナーや話し方講座の講師として人様に喜ばれる存在を育てるべく指導をしながら、ライフワークとして歌の活動を行っている。

関西のシャンソニエ、ライブバーに出演の他、定期的にソロライブ「午後のやすらぎLive」を開催。

老人ホームや福祉施設、病院等への慰問コンサートの他、骨髄バンク支援チャリティーコンサートなどにも参加している。

2010年 2月 第1回なにわシャンソンコンクールにて敢闘賞を受賞
2.27 ファーストアルバム『the gift~あなたへの贈り物~』をリリース、
同日290名を動員しCD発売記念コンサートを開催
2012年 4月 尼崎「アルカイックホール・オクト」にて約410名を動員し『10周年記念コンサート』を開催
12月 セカンドアルバム『あなたのほほえみ』をリリース

豊岡厚惠さんオフィシャルサイト






佐藤元相(さとうもとし)さん  No.1価値コンサルタント  

     
プロフィール

ランチェスター法則を応用した「1位づくりのホームページコンサルティング・制作」を行い、小さな会社の強みを明確にするコンサルティングの第一人者。

有限会社エヌ・エヌ・エー・テンダース代表取締役


今すぐ無料で相談する





▶17年間、VAMが選ばれ続けている3つの理由とは?

理由1→17年間200名の【本当にやりたいこと】明確化専門!
・17年間、200名以上の方々に【本当にやりたいこと】【人生の目的】を見つけ
 ビジョン実現をサポートする専門家として継続しています。

【私がビジョンアートメソッドを選んだ理由】

私が原さんのホームページを見つけて

おおっ!!

と思ったのは、

【「本当にやりたいこと」ビジョンの明確化のプロ】

という言葉です。

そして、マンツーマンでのセッションであること。
『与え好きの法則』が素晴らしい書籍だったこと。
『無料ネットセミナー』の質が群を抜いていたこと。

そして、受講しよう!と決心したのは、

体験セッションで本当に親身にお話を伺ってくれた
原さんの真摯な対応が決め手でした。
(あと、低音のシブイ声にもやられました(笑))

それまで10数年間、

自分の本当にやりたいことが分からない・・・。
色々なことが中途半端になってしまうのはそのせい?
でも、本当にやりたいことが見つかりさえすれば、
常にワクワクイキイキと
それに向かってまっしぐらに進んでいけるはずだ。。。

そう思って、たくさんの本を読んだり
セミナーに参加したり・・・
そのたびにやる気になるものの、
少し経つとやる気も減衰、
他にもっと大事なことがあるんじゃないか・・・?
などと常に感じていました。

なぜなんだろう?

そうやって10数年が経過して、いいかげん
「答えは外にはなさそうだ」
ということだけはわかってきました。
本の乱読はやめ、セミナージプシーもやめました。
自分の中から答えを見つけようと思い直したのです。

しかし、だからといって
本当にやりたいことがそうそう見つかるわけはありません。
【本当の見つけ方を知らない】わけですから。
またセミナーなどへ参加したいという欲求が湧いては
いやいや・・・また同じことの繰り返しになるぞ。。。
とブレーキをかけて悶々とする毎日でした。

そんなときに原さんのホームページに出会い、
その原さんのストーリーに共感し、
『与え好きの法則』『無料ネットセミナー』『メルマガ』と
どんどん惹き込まれていきました。
この人の元でなら、自分の長年の悩みが解決するかもしれない!
希望が出てきたのです。
受講を決心したのは2013年12月も終わりの頃でした。

そして、実際に受講が始まりました。
まだ1ヶ月も経っておりませんが、
毎日がすごい勢いで動いています。

とにかく原さんのセッションの特徴
具体的であることです。

次に何に取り組んだらいいのかが
具体的なアクションとして見えてくるのですね。

そして、ここが更にスゴイ!
ビジョン明確化だけではなく、
ビジネスを通じてビジョンを実現してくための
アドバイスまでいただけるとは!!

それもマッコト具体的に!!
こんなセッションをマンツーマンで受けられるとは本当に驚きです。

まだまだ駆け出しではありますが、
2014年末、一体どこまで行けるのか楽しみです。
原さん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします!!

羽田耕太朗さん 山梨県 自営業 


【ビジョンアートメソッドを選んだ理由】

このサイトを発見した時の私は、「自分が本当にやりたいことは何か」について、真剣に考えはじめていました。

過去に何度もこの点について葛藤し、本やセミナーその他色々やりましたが、自分の中で腑に落ちず、また、「自分が本当にやりたいことは何か」を考えていくと、過去の挫折や失敗が思い起こされて辛いので、もう考えるのはよそうと何度も思っていました。

しかし、今回久しぶりに、心の衝動を感じるようなことがあり、いよいよ逃げられないと思い、まずは、「目的」「目標」「ビジョン」の意味から理解しようと思って、検索エンジンにこれらの言葉を入れてみたところ、出てきたのがビジョンアートメソッドのサイトでした。他のサイトは見たことがないので比較はできませんが、このサイトでは、ビジョンアートメソッドを行う事によって得られるゴールが明確に記述され、またゴールに達するまでの道筋もわかりやすく丁寧に書いてあったため、つい引き込まれ、その場でほぼ全部読んでしまいました。

先生の過去の葛藤が自分と重なり大変共感しましたし、また、個人カウンセリングである点に、過去に本やセミナーで自分に落とし込むことができないと悩んだところをサポートしていただけるのではという期待を抱きました。
                    (神奈川県 匿名希望 女性)

理由2自ら悩み苦しんだ経験から編み出した独自のメソッド!
・ビジョンアートメソッド代表である原 克之が、
 自分自身の【本当にやりたいこと】、【人生の目的】を見つけるために、
 悩み苦しんだ研究実践から編み出した完全オリジナルのビジョンアートメソッド。

世の中には「やりたいことを見つける方法」とか、い
ろんな人がいますが、その人たちの経験を見れば…?
がつきます。しかし、原先生だけは経験を読ませて
頂いて「違うな」と感じました。自分が苦しまれた
経験から生み出されたビジョンアートメソッド。

■受講を決めた理由
原さんと話して、直感的に自分のVisionや使命が明確になると思ったからです。

自分のビジョンを探すために他の方々のサイトも見ましたが、
ここまで完全個別「最高の価値観」まで明確にするところは、
ありませんでしたので、ビジョンアートメソッドに決めました。

サイトのプロフィールやビジョンアートメソッドを
開発された過程を読んで、

原さんの、やりたいことを真剣に苦労しながら模索する姿
私自身の姿に重なりました。

原さんの母親のご苦労と愛情がにじみ出ている文を読んで、
人間愛豊かなところに惹かれました。
心の痛みのわかる人だと感じました。

サイト全体に、誠実さがあふれていましたので、
ビジョンアートメソッドの受講を決めました。



理由3創造開発者自らが完全個別に、とことん本気サポート!
・あなたの【本当にやりたいこと】や【人生の目的】は
 自分の中にかならずあるのですが、見出すのは
 ご自分ひとりでは時間もかかり、むずかしいものです。

 ・「自分だけでは、もう絡まった糸は解けない」

 ・「原先生のページからは人間味というか、
  この方にサポートしてもらいたいという
  インスピレーションを強く感じました。」

 ・「先生の真っ直ぐで一環した熱い気持ちが私の胸を打ちました。
  これが『本気』っていうことなんだ!と感じました。」

■ビジョンアートメソッドを選んだ理由
完全個別なサポートがついているからです。

過去に自分の価値観を明確にするプログラムを受講しましたが、
サポートがなく考えれば考えるほど、自分というものがよくわからなくなり、
自分には向いていないと思い、結局途中で諦めた経験があります。

再度、するときはサポートがあるものを受講しようと思っていました。

ビジョンアートメソッドの受講を決めた理由は、
1番に感じたのは熱意及び誠意です。

そして、
原さんの創意(創意はビジョンアートメソッドを作り出した事に対する
敬意です。)

熱意を強く感じられた事でこの人を本当に信じてみようと思った事と、
本当に自分がやりたい事を見つけることはもちろんの事、
その後の行動の仕方迄をサポートして頂ける所に心を惹かれ
受講を決めました。

自分に自信を無くしていた時に先生との出会いがありました。
先生の本気でサポートします!の姿勢が一貫して変わりません。

【受講を決めた理由】

サイトをはじめて見たとき直感でピンときて、今すぐ3か月(あるいは1年)取り組みたいと思ったのですが、サイトを見てすぐだったので、「与え好きの法則」のダウンロードや、無料セミナーの登録すらしていませんでした。

そこで、「いきなり申し込むよりも、先に「与え好きの法則」のダウンロード等から行い、読みこんでから申込みをした方がいいか」と問合せをしたところ、原先生からすぐ、親身なご返信メールをいただきました。内容もスピードも、とても安心感がありました。

その後、無料セミナー等受講しながら1週間ほどたち、やはり受講したいと思ったのですが、受講料の支払について相談させていただきたいことがあり、その点についてまた問い合わせをしました。原先生から、またすぐ、大変丁寧で、心のこもったメールをいただき、とても感動しました。

この先生だったら、これからも親身に相談にのってくださるのではないか、1年じっくり取り組めば道は開けるのではないかと思い、すぐ受講を決めました。

ビジョンアートメソッド受講を決めた理由

まずは、原さんのお人柄の良さにまず心を打たれました。

本当にやりたい事のビジョン、夢、目的をみつけるために、
悩みや問題を打ち明けた際に、原さんはご自身の事かの如く
親身にサポートして下さり、本当に感動しました!

受講を決めた理由。

夢を叶えるために上京した私が周りに流され、
自分を見失ないそうでした。

そこで、
無料セミナーを見つけて読み始めてからのことです。

毎日届くメールの一つ一つが、
私の課題を一歩ずつクリアするお手伝いをする
ガイド役になって下さいました。

少しずつ、
未来への希望を見出しかけた時、

原さんからビジョンアートメソッドの
無料カウンセリングをして頂けるとのお話があり、
即セッションをお願いしたのです。

お話するうちに、

私は、
悩みや問題を一人で抱えて落ち込むことから解放されるようになり、
原さんの今までのご経験から得られた情報や知恵を頂き、
それらの的確な助言が本当に自分の望んでいた生き方、あり方でした。

並びに、
無料ebook『与え好きの法則』もプレゼントとして教えて頂き、
読ませて頂きすぐに感動、感激しました。

私は、自分探しをしにアメリカに行ったり、
自己啓発のためにたくさんのお金と時間を費やしてきましたが、
結果はいかに…という状態でした。

『与え好きの法則』より、与える人は成功する!
その偉大なメッセージが心に焼きつき、

私の学びは、原さんから与えられる事で、
私もまた同じように誰かのお役に立ち、

共に自分を、そして周りを良くしていけると確信し、
ビジョンアートメソッドで私も自分の夢、
ビジョンを確立してぶれない自己軸を築きたい、

与える人になり人生を謳歌したい、
貢献したいという気持ちが芽生えました。

長くなりましたが、
流れるようにビジョンアートメソッドに導かれて受講を決めました。

一番の決めては、最初も最後も、
原さんのお人柄と親身で献身的な姿勢に感激したからです。

有難うございます!

今後とも、宜しくお願い致します!

潮田英之さん

具体的な自分にとって離れすぎない一歩前のアドバイスなので
非常にわかりやすく、実践していく上で助けられています。

そして、

・「この人だったら、自分のことをわかってくれるかも知れない。」

以上のように
クライアントの皆さまからありがたいお声をいただいています。


▶クライアントの方々の喜びのお声・目次

▶「本当にやりたいこと」があるはずなのに、

それが何かわからず、ずっとモヤモヤしてました。
9 2

 オーストラリアより日本に移り、英会話の教師を
初め様々な職業を行ってきましたが、どれも今ひとつ
ピンと来なく「いったい自分は何がやりたいんだろう」
と落ち込んでいました。

 そんな私を見た妻から私への誕生日のプレゼントが
VISION ART METHODでした。
 妻と共にビジョンカウンセリングを受けるうちに、
自分のやりたかったビジョンがクリアになってきました。

また完成した私たちのビジョンアートを日々眺めて
いると目標が揺るがなくなってきました。
 私たち夫婦の価値観もハッキリしました。
仕事だけに偏った人生は歩みたくないのです。
何よりも「バランスのとれた人生」を
歩みたいですね。

 現在、私たちはビジョンに向け、少しずつ着実に
行動し始めています。
 ライフワークとして、人々の中にある可能性を
引き出すための教育事業『Gem Coach』という
今までにない仕事を考えだし取り組み始めました。

 夫婦共通のビジョンは
オーストラリアのタズメニア地方を拠点にして、
友人が来ると、
いつでも宿泊してもらえる家をつくるのが夢です。
 そのためには、複数の収入源が必要です。

その第一歩として、先日、不動産も購入できました。
また世界中どこにいても活躍できるためにパソコン
ひとつで別の収入も得られる種を蒔いています。

 これからも、人生でいろいろ困難なこともあると
思いますが、夫婦で「ビジョンという希望」を
しっかり持つことで、安心して楽しい人生を
一歩ずつ歩んでいこうと思います。

         シーザー・トロイさん(談)

シーザー・トロイさん久仁子さんご夫妻 (オーストラリア在住)は
 ファミリー版ビジョンアートを約11年前にご依頼されました。

▶「本当にやりたいことがわからない・・人生このままでいいのか」

こう悩んでいた時、
原さんと出逢い、ビジョンアートメソッドを始めた結果、
人生の転機のとなりました。

転職活動では背中を押して頂き飛び出す勇気が持てました。

英語の力も以前より伸び、継続する習慣がつきました。

仕事に悩んだ時にも、いろんな考え方やアドバイスを頂きました。

何より、自分の人生観が明確になったことは一番の糧です。

「希望・情熱を持って自他共に向上する。
  夢を持つ大切さを伝えたい。」

壁にぶつかった時、
ビジョンアートを見て自分の実現したいことを思えば、
あきらめなければゴールできると自信を持つことができるからです。

当時のままであれば、
「どうせ自分は何をしてもだめだ」と言い続けていたかもしれません。

夢を実現できるよう励み、生き生きとした、悔いのない人生にします。

良い報告ができるよう努力していきます。
又、お力を借りる時が出てくるかもしれません。
その時は宜しくお願いします。

本当にありがとうございました。
心から感謝の気持ちで一杯です。

原さんにとって実りのある一年でありますよう
ご多幸をお祈り致します。

浜田 誠亮さん

▶「この1年間あっという間だったなぁ~・・」

自分のビジョンアートを
目の前にしてつくづく思いました。

ビジョンアートメソッド卒業生 石井陽子さん

原さんのカウンセリングを始めたのは、
なんとなく興味があったからという程度で、
こんなにも生き方が変わるものとは
当時の私には想像も出来ませんでした。

原さんに出会った頃、
私はカラーに係わる仕事がしたくて、
パーソナルカラーとオーラソーマの
サロン開業を始めたばかりでした。

ところが、
原さんのカウンセリングを始めてみると、
今、自分がしているサロン開業は本当にやりたい事と違う。
ということがわかり、
かなりのショックを受けました。

「これから」という時だったし、
カラーのサロン開業するために
どれだけの時間と労力とお金を使ったか・・・。

原さんに今のサロンを止めて、
自分のビジョンだけに集中するように言われましたが、
実際に行動に移すには、かなりの時間と勇気が必要でした。
今までの努力を無駄にしたくないという想いがあったから。

「今度セミナーやります!」「雑誌に紹介されました!」等の、
どんどん成功していく私のサロンや
カラー仲間のブログを読む度に、
不安と焦りと嫉妬を感じていました。

またこういう時には、
「天からのお試し」とも思えるように、
パーソナルカラーとオーラソーマの
仕事依頼が次々と入ってきました。
それを断ったり、
私を応援してくださっていた方に対して
申し訳ないという気持ちとで、
頭が混乱し、精神的にとてもキツかったです。

けれども、原さんに
「今が一番辛い時なんですよ。
一見遠回りしているように思えますが、
実はこれが一番の近道なんです」
と励まされ、
その言葉を信じて
自分の事だけに集中するよう心掛けました。

そしてビジョンカウンセリング後半、
原さんのピラミッド型の土台となる
「価値観」の部分が固まり、
自分の確実なビジョンが見えた時は
本当にうれしかったです。
土台の部分が固まるのに
こんなに時間がかかるものとは思ってもいませんでした。

「これが自分の価値観なんだ~・・」
わかっていたようでわかっていなかった、
自分の価値観。
土台が決まると動揺しなくなる事は、何度も原さんに言われていたのに、
実際に体験するまで信じられずにいました。

この部分が固まると、本当に周りに左右されなくなりました。
なんとも言えない安心感を得たし、自信もつきました。
自分に嘘をつくこともなくなりました。無理をしなくなりました。

ビジョンがしっかり固まってきた頃、
不思議な事に
自分に必要な人との出会いや情報が
どんどんくるようになりました。
まるで運命が自分を応援してくれてるかのようでした。

私の「本当にやりたいこと」は、
「パーソナルグラフィックデザイン」という、
個人起業、サロン開業、個人で頑張っている方の
ロゴや名刺やチラシ等のデザインという形で
お手伝いをさせて頂くことです。
家庭面は、
海の見えるキレイな街で家族仲良くあったかい家庭を作ること。

仕事の方はデザインを始めてすぐに、
ロゴと名刺の依頼がありました。
そのクライアントの方は、
以前サロン開業する時に勉強会で知り合った方と
カラースクールに通っていた時のマネージャーさんでした。
クライアントさんは
私を応援する気持ちも含めて依頼してくれました。
今までの努力が報われる素晴らしい仕事でした。

しかし、
実際に動いてみてグラフィックの技術と知識不足を感じ、
不安を感じていました。

すると、
原さんがスクールに通うことを勧めてくれて、
ネットで検索してお勧めのスクールを見つけてくれました。
(本当に原さんに頼りっぱなしですね。)

今はそのスクールに通っています。
そこのスクールには、想像以上に知識豊富な先生がいらしたので、
もっと早くから通えばよかったと思うほどです。
技術も知識も上がったので、
自信を持ってデザイン活動が出来るようになりました。

さらにキレイなデザインがしたいとも思い、
それにはキレイな写真が撮れる必要性を感じたので、
カメラのスクールの体験コースを受講してみました。
たまたまそこが、ニコンのスクールだったので、
すっかりニコンの製品にはまり、量販店でニコンの製品を購入。
ホントにキレイに写真が撮れるので買ってよかったと
大満足しています。

いつも頭の中ではわかっていても、
行動に移すまでに時間が掛かる私でした。
スクールに通うのも、カメラを買うのも、
考えてから行動に移すまでかなり時間が掛かりました。
そんな時、原さんはいつも背中を押してくれました。

頭が混乱している時には紙に書き出してみると、
キレイに整理が出来るということがわかりました。
そして、実際に動いてみると、
なんてことなく解決することが
ほとんどだということも実感しました。

家庭の方は、
海の近くに住むデザインの仕事をしている方との
出会いがあったりと、
不思議と自分の望む人との出会う
機会が増えるようになりました。
(残念ながらお付き合いまで行くところには進みませんが。。)
今はいろんなイベントに参加したりと、
様様な世界の人達と出会うので楽しいです。

まだ始めたばかりなので、
今はただやるべきことをコツコツ自分の出来ることをしています。
これからは自分の作品を作ってHPに載せたり、
個展を開いたり、作品集を販売しようと思っています。

そして最後には、
家族や知人に囲まれながら、
自分の人生に関わった人や物事
全てに「ありがとう」と言えるような人生にしたい。

原さんには感謝の気持ちでいっぱいです。
ビジョンカウンセリングを受けて本当によかったと心から思います。
1年間本当にありがとうございました。

いしいようこさん

パーソナルグラフィックデザイン
埼玉県在住

▶「ビジョンカウンセリングによって、

自分の本当にやりたいことが明確になってから、
様々な行動が変わりました。

画像の説明
長島光明さん

もともと積極的な方ですから、
いろいろ活動していたんですが、
やりたいことが明確になってからは、
目的がハッキリしている分、
行動にムダがなくなりました。

行動のムダがなくなると
行動の価値が上がります。

行動の価値が上がると、
結果が出やすくなります。

結果が出やすくなると、
やる気が起きてきます。

やる気が起きると、
いっそう行動が増えます。

こうして毎日が
どんどん充実していくんです。

ためになりそうなセミナーはたくさんあります。
参考になる情報もあふれています。

可能性はあまたあります。

でも、
行き先が明確じゃないと
パワーも効果も分散してしまいます。

もったいない。

同じ時間、労力をかけるなら、
まっしぐらが効果的ですね。

将来のビジョンなどと
大げさと思うかもしれません。

でも、なりたい自分の姿を
明確にしていることは、
とても大事なんだと実感しています。

毎日のちょっとした
時間の使い方まで違ってきますから。
なんでもいいんです。
小さくてもいいんです。

目的をハッキリとさせてみると、
日常が違ってきますよ。

行き先を決めよう
行き先を決めなければ、
切符すら買えませんね。

いいことはたくさんあります。
ためになることもたくさんあります。

でも、

本当に必要なことは
そんなにはないのかもしれません。

あれもこれもやるほど
時間が余っているわけでもありません。

だったら、
“何のために”をハッキリさせる方が
先決かもしれませんね。」

(長島光明さんのブログより抜粋)

長島光明さん
幸せセンスアップ インストラクター

3年前より ビジョンアートメソッドの
クライアントであり
現在、
ビジョンカウンセラー養成講座を
受講されておられます。

▶この世の中でただ一つの私自身のビジョンアートを手にして

画像の説明
小川浩一さん

『小川さん宅急便です』

昨年末の2007年12月28日夜、
私は待ちに待ったそれを手にしました。

2006年11月より
ビジョンアートメソッドの受講を開始し、
約1年間、原さんからのマンツーマンによる
ビジョンカウンセリングを経て、
世界にただ一つの、
私だけの『ビジョンアート』を手にしたのです。

私自身の熱い想いがビッシリと詰まった、
このビジョンアートを手にした瞬間、
私はぐっとこみ上げてくるものを感じ、
胸が熱くなるのを覚えました。

さらにこの想いを引き立たせてくれているのが、
背景色になっているビジョンアートカラーです。

これはカウンセリングの結果をもとに、
専門的に私の夢を色彩分析してくださった結果、
私のビジョンアートカラーは『アクワ・スプレイ』とのことでした。

濃い水色とでも申しましょうか、
この『アクワ・スプレイ』のカラーイメージワードは、
『ピュア』『素直』『リフレッシュ』『爽快』などが
挙げられるそうです。

また、不思議と精神的にも平常心を保つことができ、
且つ『やる氣』がみなぎってくるのです。
当然のことながら、
私はこのカラーがとっても氣に入ったのです。

さて、思えば1年前、私は苦難の中におりました。

自分が本当にやりたいことは何なんだ!?

・・そのことが明確にできずにいました。

ただ何となく、ぼやーっとしたものはあるのですが
どこか漠然としていたのです。

原さんとマンツーマンによるカウンセリングの中で、
くり返しおこなったのが、あらゆる角度から自分自身を見つめ直し、
そして何度も問いかける行為でした。

『なぜなのか?』
『それはどうしてそう思ったのか?』というように、
一つひとつ自分自身を掘り下げていき、
自分の中に潜在しているものをどんどん引き出していくのです。

そして、そうこうしているうちに、

ある日・・『ハッ!』と氣づいたのです。

私は近眼なのですが、
まるで裸眼でぼやけていたものが、
眼鏡をかけてハッキリ、スッキリと見えたときのような感覚で、
自分自身のビジョンが明確になったのです。

それこそが、
自分自身の人生の土台となる部分。

自分にとっての人生の目的
そう『何を大切に活きているか』ということが
ハッキリと明確になったのです。

大まかに言いますと、
私は『リーダーの中のリーダーとして、
次のことを天命として活きていくのだ!』ということが
明確化されたのです。

『熱く、元氣で素直に活きることの素晴らしさを伝え、
その喜びを分かち合うために活きる!』

このことが、
原さんとのビジョンカウンセリングの中で明確化した、
私自身の人生理念の定義にある使命観です。

原さんのビジョンアートメソッドが
最も重要視しておられる部分が、
ビジョン(未来像)『自分らしい将来のありたい姿・イメージ』
すなわち人生の土台となる部分です。

自分自身が持つ、
価値観・哲学・理念・使命観は、
まさに『自分は何を大切に活きているのか!?』ということです。

自分にとっての人生の目的とは
いったい何なのかという部分が、
本質的にハッキリ、くっきり見えてきますので、
もう、ぐらつくこともなくなるのです。

自分自身が活きていくうえでの
核の部分が明確になりますので、
あとはどのように、目標設定をして、計画を立て、
そして実践に移していけるかということになるわけです。

ビジョンアートメソッドを受講する前の私は、
肝心要の『自分は何を大切に活きているのか』が
明確になっておりませんでしたので、
せっかく目標設定をし、一応計画を立て、
それなりに実践はして見ても、
どこかしっくりとこない日々をくり返しておりました。

『取り合えず何かしら目標を立て実践しているし、
やらないよりましかぁ・・、
ビジョンもそのうち分かってくるんじゃないかな・・』
などと安易に考えていたことも正直なところです。

しかし、

原さんとお話をしているうちに、
『来るべき日』が誰にでもあるのだ!という
現実に氣づかされたのです。

その『来るべき日』とは・・・

そうです、
誰にでもいつかは訪れる『死』のことです。

寿命に個人差はあるものの、誰もが『いつかは死ぬ』のです。
そのことを本氣で真剣に考えた時に・・・
ああ、自分に残された時間は、あるようにして余りないんだなぁ・・
ということをリアルに感じたのです。

そのように考えるようになった私は、
これまでよりも『本氣』に『真剣』に自分と向き合い、
そして『自分の限られた時間』を大切に使っていきたい!
そのように思ったのでした。

正直・・半信半疑で始めたビジョンアートメソッド。

今こうして振り返ってみて、
また、こうして自分自身のビジョンアートを手にしてみて、

『本当によかったなぁ・・』
これが私の実感です。

そして、
私自身が明確になった自分のビジョン実現に向け、
『日々実践』し続けることこそが、
マンツーマンでお手伝いを頂いた
原さんへの恩返しなのだなぁと心より思うのです。

最後になりましたが・・・
原さん、ビジョンアート完成までの約1年間、
本当にありがとうございました。

今は、ただただ感謝の氣持ちでいっぱいです。

そして・・思いを込めて一言!!

私はこれからも本氣で自分の人生を活きぬくぞ!!

『よしっ、やるぞ!』

心友、原 克之様へ

小川浩一さん

原先生、1年半の間私どもにお付き合いいただき、
本当にありがとうございました。

心よりお礼申し上げます。

▶まず驚いたことがありました。

それは1年半前、このスカイプ第一回目に先生と話したことに
遡ります。

「このビジョンアートを終えた後、どうなっていたいですか?」

という質問に、
私はいくつかの回答をさせていただいておりました。

今日先生から、
それを思い出してみてくださいといわれ、覚えていたことは、
「本当にやりたいことに向かって進んでいる状態にあること」
ということだけでした。

実のところ、
他にも4つほどの理想の姿をそのときの私は挙げていたのです。

内容はここでは省略させていただきますが、先生から本日それ
を聞くと、鮮明にそのときの自分の姿を想像することができました。

そして、
なんとその4つ、合わせて5つのことすべてが、現在
達成されていたのです。

自分では1つのことしか認識していないようでも、潜在意識は
すべてを覚えており、確実に自分をそちらの方向へ導いてくれ
ていたのでしょう。

思ったことは実現するとはよく言いますが、まさにそれを実証
できた形となりました。

ところで、このビジョンアートのカウンセリングは、気がつけ
ば私の生活の一部になっていました。

毎週1回、確実に自分と向き合う時間を作れるという点におい
ても、大変有効だったと思います。

最初のころは、毎週のように課題が出て、毎日のように「自分
と向き合う日々」が続いていたように記憶しております。

それは一見辛いことに感じるかもしれませんが、もともと私は、
自分と向き合うという習慣がなかったわけではなく、何気に
自己啓発というものに関心があり、本の知識で様々なことを実
行していました。

ノートなどに詳細に毎日の心の動きを記録していたときなども
ありました。

ただ、闇雲に本を読み過ぎ、多くのセミナーなどに参加した結
果、自分の行方を辿るべき糸が人より余計に絡まっている状態
を作り出していました。

これからこの絡まった糸をどう解くか......取り急ぎネ
ットで糸口を見つけようとPCに向かう日々が何日か続いてい
ました。

そのような時、ついに原先生のページに出会いました。

ビジョン...本当にやりたいこと...
これだな!とほぼ直感で思ったのです。

他にも企業を対象とするものや、個人対象の未来像作りみたい
なものがいくつかあったように記憶しています。

ただ原先生のページからは人間味というか、この方にサポート
してもらいたいというインスピレーションを強く感じました。

そしてビジョンアートメソッドを受けることに決めたのです。

とにかく自分だけでは、もう絡まった糸は解けないと思ってい
ました。

何度か糸を切ってみても、気がつけばまた絡みだすような状態
で、どう自分を整理していけばいいのか、混乱していた状態が
続いていました。

また、
これは私一人の問題ではなく、嫁さんも関係してくると
感じていました。

自営業を営んでいる私は、夫婦2人での将来像をも明確にした
かった気持ちがあり、妻も同時に受講することを決めました。

先生は本当にとことん付き合ってくれました!本当に感謝です。

私はカウンセリングを受けている中で、表面上はいい感じに進
んでいるものの、実際は話せば話すほど自分が見えなくなって
しまうという時期がありました。

考え込む癖といいますか、それが自分を悩ませていた部分もあ
りました。

もう訳がわからないから、このままでもいいかな…逆にこのま
まのほうが楽ではないかと考えたこともありました。

瞬間的ではありますが、日々の考えは投げやりになり、心は自
暴自棄に...

しかし先生からは、そんな状態のときにも適切な言葉をいただ
けたように思います。

そういう時期があって今日がある、先ほどもそのような言葉を
いただいたとき、まさしくそうだと、深く頷けたと同時に感謝
の念が湧きあがりました。

以上のような経緯を辿り、ようやく本当にやりたいことが見つ
かりました。

ただそれは最初から明確に出ていたキーワードそのものでした。

灯台下暗しとでも言うのでしょうか。

私の「本当にやりたいことナビゲーション」は何度も道を間違
え、時には地図にない道や袋小路へ導くこともありました。

でも最後にはゴールを見つけ、しっかりとそこに私をナビゲー
トしてくれたようです。

当然ですがそのナビゲーションのサポートには、原先生が必要
不可欠だったということは言うまでもありません。

先生はよく仰っていました。

本当にやりたいことは自分の中にかならずある。

それを明確にする作業、周りを削ぎ落としていく作業、それが
ビジョンアートメソッドなのだと。

その結果、私は「仕事」「趣味」「本当にやりたいこと」の3
つを人生の柱に据えるという考えに至りました。

その3つすべてのフェーズで、根底に流れているものは「自由」
という価値観です。

夫婦2人で日々楽しく生きていくことは勿論、この「自由」を
基調にあらゆる場面において「人生は素晴らしいぜ~~ぇ」と
いうことを伝えたいと思っています。

縁のあるすべての人々に!

そしてその手段として最もやりたいことが今回ビジョンアート
で明確になりました。

それは「小説を書くこと」でした。

文章を書くということは、はじめから心の中にはあったことで
した!

余計なものが削ぎ落とされて、ようやくその形を自分で認識で
きたようです。

こう振り返ると、日々発見と驚きを与えてくれたビジョンアー
トは、自分自身の宝箱でした。

もし
自分のやりたいことがわからない人生だったら、きっと桜
の木は桜の木であり、隣の友人もただの友人でしかなく、日々
の時間もただ過ぎさりしものでしかないでしょう。

もし
自分のやりたいことがわかっている人生だったら、きっと
桜の木も隣の友人も日々の時間も、すれ違う人々でさえ自分に
とってかけがえのないものに感じることでしょう。

人間は、本当にやりたいことの発見によって、人生のプロデュ
ーサーの如くすべてに意味を見出し、日々主体的に生きていく
力を得ることができると思います。

私はこのビジョンアートメソッドを受けたこと、原先生に出会
えたことは大変意味のあるものだと感じています。

これはひとつの手段ですが、
本当にやりたいことを見つけることは、必ず
自分の生き方に変化を起こす原動力になるでしょう。

現実は今からがリスタートになるわけですが、さらなるワクワ
クな毎日を進んで行けることを幸せに感じ、未来へ大きく羽ば
たくことを誓いました。

本当にありがとうございました。

久保田一彦さん

私は、
2007年5月28日から2009年2月23日までの
約1年半ビジョンカウンセリングを受けました。

原先生のビジョンカウンセリングに出逢う前までの私は、

毎日仕事に追われ、従業員が自分の思い通りに働いて
くれないと強い口調で叱ったりしてました。

出勤するはずの従業員が突然来なくなったり、突然辞めたり。

そんな事が続くと人間不信になり、
1度だけ死を考えた事もありました。

やりたい事も目先の興味があるものに取りあえずやるが長続きせず、
取り寄せた本や道具は家の肥やしになりゴミ同然状態でした。

どうにか、仕事以外に好きな事を見つけたいと思い
旦那と2人で自己啓発本を買い何度か真似てやるのですが、

すぐに飽きてしまい続かず、セミナーに1回だけ行ったが
モチベーションはやはり長続きしませんでした。

そんな時、旦那がインターネットで原先生のビジョンカウンセ
リングを見つけたのが始まりでした。

初めは、正直半信半疑でした。
本当に1年間ぐらいで本当にやりたいことが見つかるんだろうか?

そんな気持ちを抱きつつも、どんな事を聞かれるのか興味深々でした。

カウンセリング1回目がスタートした時に、
「ビジョンカウンセリングが終了した時どうなっていたいですか?」と
質問されました。

「仕事以外に本当にやりたいことを見つけ、
  毎日笑顔で過ごせるようになりたいです」と答えました。

回数を重ねるごとに、
自分ひとりでは到底そこまでは考えない事も課題が出て、
30年近く生きていた中で初めて自分と長時間向き合いました。

そして、3回ほど
私はビジョンカウンセリングの中でやりたい事が変わりました。

まず、1回目「盲導犬に携わる事」をやりたいと思い
盲導犬訓練センターまで足を運び盲導犬の活動を体験してきました。

そして、本も10冊近く買って読み、
仕事場にも盲導犬募金箱も設置しました。

しかし、実際盲導犬訓練士になろうかと思いましたが、
今ひとつ気持ちが前に行かず、重圧を感じていました。

きっと、これではないなぁと思い、
また原先生と共に考えました。

スカイプでのビジョンカウンセリングのやり取りの時に

「何で、麗子さんの気持ちがいまいち晴れないのか、
  色々今までのやり取りを再度見て考えてみたのですが、

 もしかしたら・・・」

「本当に求めている事は、『子供』ではないですか?」と聞かれ

私は、それを聞かされた瞬間凍りつきました。

そのキーワードは、

何年も私の心に鍵のついた扉をして閉じ込めていたからです。

1番大好きな事だっただけにある病気になり、
なかなか子供に恵まれずに散々苦しんだので、目を背けていました。

そして、凍りついた物が少しずつ
原先生と話していく中で涙として解け始めていきました。

その涙は、
自分でもコントロールできないくらいボロボロと出てきました。

辛い涙というよりもようやく、この時を待っていた涙でした。

それから、「子供」というキーワードで
興味があることを探していきました。

2回目は、「保育園の設立者」でした。

その事について、
どんな保育園を設立したいのか?考えました。

実際、考えていた時は楽しかったのですが、
なんだか心に重圧がありしっくりきませんでした。

そんな中、

自分の書いた中に子供専用カルチャースクールを設立。

と書いた中に、『書道』というのに目が留まり、

もしかしてコレ!かも知れないと思いました。

物心付いた時から綺麗な字を書くのが好きで、
自分の中でもっとも得意な事だったからです!!

そして、
ついに3回目にして
本当にやりたいことにめぐり会えました!!

1番の決め手は、書道を習い始めても
心の重圧も感じなく大変だなと思うことも
楽しくできているところでした。

そして、
仕事の方も原先生と店のビジョン・理念を考え、
今はそれに近づくよう店作りをしている最中です!!

不思議と、
本当に好きなことをやっていると仕事にも活力が出て、
従業員のことも1年半前は苦しい思いしかなかったのに、

今は1人1人の長所を見れるようになり、
店自体がピリピリムードから
笑いの絶えない雰囲気になってきています。

私生活も1日1日笑いのある生活を今は送れています。

自分でも、驚いていますが

たった1年半で
なりたかった自分に今なれているのが不思議です!!

これも、原先生が親身になって
ビジョンカウンセリングをして戴いたお陰だと思います。

本当に、原先生に出逢えて良かったです♪

ありがとうございました!!

久保田麗子さん

ビジョンアートメソッド 原 克之 様

原さん、こんばんは。
感想を書かせて頂きます。

▶最初のきっかけは、

インターネットでビジョンアートメソッドというものを
見つけたことでした。

アメリカ等では、
カウンセリングが大変普通に行われていますよね。
それをうらやましいと思っていました。
身近にカウンセリングできるところがないだろうかと
思っている時期でした。

多くの人と話し、聞く仕事ではありますが、
私の仕事もプライベートも解ってくれて
なおかつ私の悩みを聞いてくれるような暇のある人は見つからず、
自分の中でいろんなストレスがたまっている状態でした。

ビジョンカウンセリングを受けるのに
スカイプを使うので自宅でリラックスして可能で、
自分にとってそのメリットは値段以上のものに感じられました。

自分の悩み等を聞いてもらえて
更に自分の生き甲斐を最後に形にしてもらえるなんて
すごくお得だと思えたのです。

ビジョンカウンセリングの中で、
自分の及び自分の周りのことを振り返り考えましたが、
こういったことは一人では決して出来なかったと思います
(日々の仕事と家事で忙しくて)。 
聞いてもらえるから、
また聞かれ るから考えようと思うものでした。

ビジョンカウンセリングを受けて良かったと思うことは、
「自分がこれで良いん だ」という
自分に対する肯定感を持つことができたことです。

今から思えば、
自分の理想と比べて出来ないことを数えて、
「自分は出来ない駄目な人間だ」と
落ち込むことを繰り返していたのです。
自分が毎日いかにいろんなことを
やってきているのかという視点を持つことができ、
毎 日生活するのがとても楽に楽しくなりました。

その上、
自分が何を大切にして生きているのかということが
はっきりして、毎日そこに立ち戻っては、
何事にも向き合っています。
「芯が出来ると人間が強くなる」というようなことを
お話くださったと思うのですが、
本当にそれを実感しています。

目標、というものは、
実現することは素晴らしいことですが、
最終的に実現できなかったとしても
そこに向って自分を高めようという気持ちが
あることがすごく大切だと思えるようになりました。
「今日もこんなに出来なかった」と思いながら
過ごしていた毎日に比べたら
今の方がずっと楽しく過ごしています。

作って頂いたビジョンアートにあるものを
全部実現することは
とても難しいと思いますが、
それでも今の生活が間違いないと思えるのは
とても安心です。

本当に長い間お世話になりました。
またお世話になる時が来るようにも思うのですが、
一旦卒業させて頂いて自分なりにやってみようと思います。

有り難うございました。  

岐阜県 橋山稔子さん

▶『ビジョンアートメソッドと出会って』

十河浩二さん  44歳 大阪府枚方市在住
現在、派遣社員をされておられます。
将来の独立に向けて準備中。

原さんと出会ったのは3年ほど前のことでした。

それまでに、沢山の自己啓発の本や、セミナー、プログラムに

投資してきましたが、
何か自分にしっくりきていない自分がありました。

だいたい、それらの言っていることは同じようなことばかりで、
積極的な、前向きな考えをする。
目標、夢を明確に持つ、実現に向けて行動計画をつくると
いった内容でした。

十河浩二さん

私のような頭で理解できても
なかなか実践は難しいものでした。
目標を鮮明に描けば、その夢は必ず実現すると言われても、
それが何なのか、なかなかわからないし、
結局は世間受けするような目標ばかり立て、
空回りばかりしていました。

原さんの提案するビジョンアートメソッドは、
まず徹底したカウンセリングを通じ、
世間体や見栄でつくった目標でなく、
その人の本当にやりたい目標を、
その人の中から引き出し、
それを潜在意識に刷り込みやすいように
CGでビジョンアートという形にするもので、
イメージ力が弱く自分の目標を明確にし、
継続的に維持することの難しさを感じていた
私にとって、とても新鮮でした。

私は早速ビジョンアートメソッドを受けることにしました。

カウンセリングを通じて
自分がどんどん整理されていき、
自分のパターン、傾向性がだんだん見えてきました。

この作業を通じて、
自分が本当にやりたいことは、
教育であり、今までの自分の経験を生かしたものです。
それは、
向上心はあるけれど、こだわり、とらわれ、執着から
抜け出せない人のための第一歩を踏み出す
お手伝いができる塾を作ることだと見えてきました。
「一人ひとりの花咲かせ塾」と命名しました。

また、
私は自ら塾を受けることで、
私が主催していく塾のコンセプトがはっきりし、
自分なりの価値基準が明確になったことでブレが少なくなり、
また自分に対しての自信も湧き、
日常で起こる全てのことに対する
受け止め方が変化してきました。

自ら塾は原さんの
具体的な自分にとって離れすぎない一歩前のアドバイスなので
非常にわかりやすく、
実践していく上で助けられています。
信頼できる第三者からの客観的な具体的なアドバイスは
本当にありがたいです。

自分ひとりでやってると、
どうしても今までの自分のパターンや傾向性が出てき、
妥協したり、同じことを繰り返しがちになるからです。

原さんの提案するビジョンアートメソッドは、
向上心があり、自分らしい生き方を追求する人にとって
自分の生き方を変えるきっかけになるものと確信します。

十河浩二さん

▶本当にやりたいことの見つけ方

原さんの「本当にやりたいことの見つけ方」が届きました。

自分が本当に何がしたいのかが分からず、
もやもやしている方には、
是非読んでいただきたいと思います。
きっと一筋の希望が見えてくると思います。

私もそんな一人でした。

2年前までずーっと、

「私のライフワーク、生きがいってなんだろう?」

といつも考えていました。

しかも、
私のパートナーTOSHと出来ることなんて
一体存在するのだろうか?

このことがずっと頭にあり、
いつも焦った気持ちで、同じところをグルグルと
回り道しているような、
もやもやした気持ちで10年近く過ごしました。
色々な職業を体験し、
リサーチし、資格をとろうとしました。

でも答えはそこにはありませんでした。

なんとその答えは、

一番身近なところ、「自分の中」にありました。

「答えは自分の中にある」
「答えは自分が知っている」

本当にこの言葉のとおり、私が求めていたこと、
自分が生涯を通じてやりたいこと、その答えは、
私の口から言葉となって出てきました。

とてもハッキリと。

そして私はそれを確信しました。

「やっぱり、私にはこれしかない。」

親や友人、先生、尊敬する人たちからのアドバイスではなく、
本やセミナーの中から得たものでもなく、

この答えは紛れもなく、
私の中から、私の口から自然に出てきたのです。

しかもこの答えは、
全く自分にとって思いがけないものでした。

私は本当はこんなことを望んでいたのか!

驚きというよりは、

「やっぱりそうか」

という気持ちに近く、

やがてこれは自分自身を大きく認めることになりました。

「自分を認める」という行為は、
心から明るい気持ちになれます。

イキイキワクワクするような躍動感と、
静かな幸福感があります。

「本当に私がやりたいこと」
これを見つけるには、
周囲や社会の価値観や、自分が生きてきた環境、歴史
そのようなものを
すべて一旦脇に置かなくてはなりませんでした。

それらが今まで私を自分自身から遠ざけていたからです。

今までの自分の
世界観、人生観、価値観、環境、生い立ちなどを
すべて客観的に見つめる必要がありました。

しかし、
これを自分一人の力でやろうとしたならば、
未だにこの結論は得られていない
と思います。きっと今ごろ、
まだグルグルと同じ輪の中で行ったり来たりしながら、
刹那的な気持ちで、答えを求めつづけていただろうと思います。

「本当にやりたいことを見つける」
これを自分一人で見分けることは極めて難しく、
また時間のかかることだと思います。

私は本当にラッキーだったと思います。

それは、
「カウンセリングで

ただリラックスして相手の質問に答えるだけで、

自分が本当にやりたいことが見つかる。

そしてそのビジョンが実現する。」

当時の私からすると、

「そんなことが本当にあり得るのか」と耳を疑いたく
なるようなスゴイ情報を友人から手に入れたからです。

私が尊敬する友人からの紹介なので、
絶対にそれがウソではないことは確かです。

私はそれについてどうしても「知る」必要がありました。

「それ」というのは、

原さんが考案した
「ビジョンアート・メソッド」でした。

本当にやりたいことなんて見つかるのだろうか?
それが本当だと自分で分かるのだろうか?
やっぱり違ったなんてことはないだろうか?

疑い、不安、色々な思いがありましたが、
でも、今の状況を変えるためなら
何でもやり抜こうという気持ちでした。

そんな半信半疑で「本気」の私に、原さんが
ビジョン・アート・メソッドの説明をしてくださいました。

・・・即決でした。
後には引けない気持ち、後悔はしたくない。

今ここで自分のターニングポイントにしよう、
と心に誓ったのです。

もう回り道の人生はいやだ。
それまでもう十分に回り道をしたのだから
これからは一番近道を歩むことにする。

そう決めたのでした。

2003年10月にビジョン・アート・メソッドを受講。
これは私の人生で一番のお買い物になりました。

これで私が得たものは対価がつけられないものであり、
そして永久に誰からも奪われることもありません。

「夢」と「希望」を自分の中に見つけた時、
私はもう将来のことを悩む時間がなくなりました。

今は、
自分のビジョンに向かうことに忙しく毎日を送っています。

「本当にやりたいこと」の見つけ方の小冊子を読んで、
また初心に帰る思いがしました。

「本当にやりたいこと」をして生きること、
それは「自分らしく自由に生きること」であり、
私の人生の目的でもあります。

私が本当にやりたいこと。

それは、さまざまなことで悩み苦しんでいる人に
「あなたは大丈夫ですよ。」と
自然な形で励ましながら、
その人が希望を見い出すお手伝いをすること。
その人を丸ごと認めること。

「自分らしく生きてもいいんですよ。」
「あなたはそのまんまでいいんですよ。」と伝えること。

この世には、
自分の本当の声を聴けない人があまりにも多い。

他人のことは大切にしても、
自分のことはいつも後回し。
本当の自分の気持ちを
大切にすることに罪悪感を感じる人もいる。

自分の本当の気持ち、本当にやりたいことに蓋をしている。

「私がやらないと・・・」
「私さえ我慢すれば・・」
本当はやりたくないのに。

本当はやりたくないのに、
なぜそうするのだろう?

「いつまで」それを続けるのだろう?
他人が幸せになるまで?
自分の幸せはやっぱりその後?

何か腑に落ちないけれど、そうするしかない。
そして何も希望が見出せないまま、毎日が過ぎていく。

同じような日々、変化のない日々。
そりゃそうだ。
自分が主人公じゃない人生だもの。

自分の人生なのに、自分が中心になっていない。
そして人生最後の日に言う。
「今度はもっと自分らしい人生を生きよう」って。

本当にそれでいいのかな?
自分らしく生きることは、わがままなんかじゃない。
他人のことを考えない、身勝手な行為なんかではない。

人はそれぞれに、
自分らしく生きる「選択」をすることができるのだ。

自分が本当にやりたいことで、
自分らしい人生を生きている時、
初めて他人のことを思いやれるのではないかな。
と、私は思う。

「自分が本当にやりたいこと」で、
私はこれからも生きて行く。

本当にやりたいことをするようになってから、
自分が変わった。
ううん、違う。
自分が変わったというよりも、
本来の自分の姿に近づいたんだと思う。

自分が本当にやりたいことをするからには
自分がその行為に対して全ての責任をとる必要がある。

今までは親まかせ、人まかせ、
会社まかせの人生だった。
だから何かをするにしても同意や評価が気になっていた。
そしてうまく行かなくなると人や環境のせいにした。

そしてその後で落ち込んだ。

自分の人生を歩みはじめると、
そんな言い訳が全くできなくなった。

でもそれでいい。

うまく行かなかったとしても、失敗したとしても
自分の本当にやりたいことをしたのだから。
それでいいと思っている。

えらい!自分って!!
と自分を励ましながら、今日も一日生きている。

やりたいことがハッキリしたのに

「本当にやりたいことが見つかりさえすれば・・」と、
さんざん悩んでいた人が、

とうとう 「これだ!」という
人生の目的(ライフワーク)に出会うと
バンザーイ!という歓喜よりも、どちらかと言えば
「ホッ」としたような気持ちになる。

内側からジワっと喜びを感じるのに似ている。

「とうとう見つかった・・!」
そして、次の気持ちが生まれる。

「でも実際どうするの?」
「どこから何をすれば?」
「お金は?時間は?」

たくさんの疑問が沸き起こる。

夢のような未来が待っていると思ったのに、
やっぱり人生そんなに甘くないかも・・・。
そう思うかもしれない。

でも、
実はここから全てが始まっているのだ。

もう後には引き返せなくなった。

これは体験した人にしか分からないかもしれないが、
「自分の生き方」が見つかると、
もう後には戻れなくなる。

元の場所にはもう引き返せないと、
自分で痛いほど良く分かっている。

そして、
自分に本当に必要なものと不要なものが、
ハッキリとしてくる。

イエスかノーかが、はっきりする。

「これは、自分の生き方に本当に必要なもの?」
「この人間関係は、自分に本当に必要なもの?」
「これは、自分の生き方に合っていること?」

ちょっと迷ったときにこんな風に自分に質問すると、
即答で、その「答え」が返ってくる。

「やっぱり!」
自分は答えを知っている。
今までは「知らんぷり」もできた。
他人や環境のせいにできた。
そっちの方が簡単で楽だった。

自分は、正直で、素直で、そして厳しい。
何しろ、自分のことを一番良く知っている。

自分のことがあんなに知りたかったのに、
自分が何をしたいのかを知りたかったのに、
自分の求めているものを知ったとたんに、
それから逃げてしまうのはなぜ?

自分の生き方が決まったのに、
その地点までまっすぐに動けないことがある。

1歩すすんでは、ひと休み。
もう1歩進んでは、また1歩下がる。
時には3歩進むこともある。
時にはスタート地点に戻ることもある。

すぐにゴールに行きたくて、イライラすることもある。
他人に追い越されたと思って焦ることもある。

そしてもう1歩・・・
ある日気がつくと・・
10歩も進んいることもある。

そして、こう言われるようになる。
「すごく成長したね!」
「ものすごい進歩だね!」
「よくここまでがんばったね!」
「どうもありがとう!」こんな風に褒めれたり、
感謝されたりするようになる。

自分では、
「がんばりが足りない」とさんざん落ち込んでいたのに、
「あれっ??」って感じ。

どうやら無意識のうちに、
「自分大改革シナリオ」がちゃんと進行されていた
みたいなのです。

成長は目に見えないもの

成長したいという切望があるにも関わらず、
全然変化しない、何も変わらないと嘆く。
でも実際は、「自分で見えていない」のだと思う。

そして「見えないから」という理由で、
それを諦めてしまう。
ちょうど一時停止ボタンを押すみたいに。
・・・ピタッ。
これで本当に「自分に必要な変化」は
起こらないでしょう。
そりゃそうですよね。

でもそのうちに、体がムズムズしてきて、
また再生スイッチ
を入れることになる。

「やらなくちゃ、やらなくちゃ」
義務感に似たこのムズムズ感は何でしょう?
きっと、自分の心の声なのでしょうね。
これだけは、どうしても無視できないのです。

「自分が本当にやりたいことだ」と分かっているから。

そもそも成長というのは、自分では気がつかないもの、
目に見えないものだから。
自分は変わってない、成長していないと思っても、
実は毎日、毎時間、毎分、
すごい速さで変化してるんだ
と思います。

その時間の流れで、
無意識下にある深い思いは、不思議にも、
さまざまな人とのご縁や、役立つ情報、
願ってもないチャンス
などを引き寄せます。
初め私もはこのことに半信半疑でした。

「たまたまそうなった」
「運が良かった」
「ラッキーだった」
初めはそう思っていたのですが・・・。

ラッキーや偶然が次から次へと起こると、
もはや「ラッキー」とか「偶然」という
言葉の概念を超えたものが
存在しているとしか思えなくなってきます。

「全ての出来事は、ベストのタイミングで起こる」
今はそう信じています。

私はこれを信じるようになってから、
とても素晴らしい「物ごとの捉えかた」が
できるようになりました。

それは、
悪いこと、良いこと、
幸運なこと、不運なこと、
出会う人、別れる人、
健康な時、病気の時、
得した時、損した時
成功した時、失敗した時・・・・
と、ものごとを二分化し、
比較しないことです。

すべての出来事は、良い悪いで判断するのではなく、
ただ、ピッタリのタイミングで起こるべくして起きる
という考え方です。

もちろん、どうしても納得がいかないこともあります。

「なぜこれが起こったのだろう?」って
考えこむことがあります。

分かりやすい例は、自分に何かの災難が起きた時です。
「なんで私がこんな仕打ちを受けなければならないの?」
と嘆きます。

この場合、自分が何かを「間違った」のではなく、
その結果となるようなシナリオを自分が作った。
ただそれだけのことだと思います。

自分が出来事をどのように受け止めるのか、
受け止めかた、捉えかたで、
世界は一瞬にして180度変化するのだと思います。
これは、とてもシンプルだと思います。

つまり、
望むような出来事や、なりたい自分像があれば、
それにふさわしいことの行動や考え方をすれば、
ベストのタイミングが来た時に、それは起きる。
ということです。

そして、
気づかぬうちに、無意識のうちに、願ってもいない形で
求めていたもの、願っていたものが、
なんと、自分の手元にあることに「気づき」ます。

あまりにも自然な形で自分でもびっくりすることもあります。

「今の自分」がそうです。

10年前の私の理想は「今の私」なんです。
そして「今の自分」は「未来の自分」に話しかけます。

「早くあなたのようになりたいので、どうぞ力を貸してください。」
そのために、私は未来の自分にふさわしい考え方や行動を
とる必要があるでしょうね。^^

10年前の理想の自分に

10年前の理想の自分は、
今の自分の姿だ、と言いました。

思い出せば、
10年前は、私の人生の中で一番混乱していた時。
何を信じていのか全く分からなかった。

この苦しみから逃れられるのであれば、
何かの怪しい宗教団体にも入ってたかもしれない。

そのくらい悩んでいた。

自分が何者なのか、
何を求めているのか、
何になりたいのかが

さっぱり分からなかった。

だからと言って、
その場しのぎの楽しみなど欲しくなかった。
表面だけのつきあいなどしたくなかった。

私は本当の
「生きがい」「心の安らぎ」「満足感」を求めていた。

そんな時、
信用していた人に裏切られ大金を取られた。
とうとうお金もなくなってしまった。

仕事も人間関係に疲れてやめてしまった。

私の周囲の人たち全てが
私に冷たい仕打ちをしているようだった。
こんなまで来ると、
私は自分がとてもコッケイに見えてきた。

私は、思った。
「もういいやん。私はやるだけのことはやってんから。」

その時、あたたかい風を感じて空を見上げた。

なんと、
青空に浮かんだ雲と若葉を茂らせた樹木が
私を見下ろしていた。
「わぁー。なんて、美しいんだろう・・・」
「自然って、全部それぞれが精一杯に、
自分自身を表現しているんだ。

空も、雲も、花も、葉っぱも、
みんな自分らしく、自分の人生を生きてるんだ。
だからこんなに美しくて人の心を打つんだ・・・。」

私は涙がこぼれてきた。
自分を哀れむ涙でもない。
災難を悲しむ涙でもない。
裏切られたくやしさからの涙でもない。

それは、自分からのメッセージだった。
「自分らしく生きれば、それでいい。」
・・・そうか。やっぱり、自分のままでいいんだ!
それは、初めて自分を認めた瞬間だった。
それがうれしくて涙がでたのだ。
・・もう10年前のことなのに、
昨日のことのように良く覚えている。

自然というフィルターを通じた
自分自身からのメッセージだった。
当時の私の夢・理想は、「自分の生き方」を
見つけることだった。
「自分の本当にやりたいこと」を見つけることだった。
これがないために、私はあちこちとさ迷った。

10年後、私はとうとう見つけた。

希望を捨てなくて良かった。
自分をあきらめなくて良かった。
本当の自分に出会えて良かった。
心からそう思う。

10年前の私のように、
苦しみ、悩んでいる人にこのことを伝えたい。

この深い想いは、
私の「ライフワーク」となり、
今それが実現しつつある。
なんと有り難いことだろう!!!

土居亜希子さん

ご自身のブログより

▶れおなるど・てんぷう様

自分に自信を無くしていた時に先生との出会いがありました。

退職後、事業を立ち上げ1年半頑張ってきましたが、
毎月毎月、自分で決めた目標が達成出来ず貯金が底を付き、
自分の保険を150万借りて支払いを済ませ、
それでも毎月2~30万円の赤字で、
貯金が底を尽きる月が見えていた時でした。

ネットでビジョンアートのHPを拝見し、
相談メールを送りました。

ビジョンアートの原先生からすぐ返事があり、
貴方が本当にやりたいことを見つけ、
夢の実現の為に本気でサポートします!でした。
メールで、何度か確認を取りましたが、
先生の本気でサポートします!の姿勢が一環して変わりません。

先生の真っ直ぐで一環した熱い気持ちが私の胸を打ちました。
これが『本気』っていうことなんだ!と感じました。

先生にコンサルをお願いして、ほんとによかったです。
無くしていた『自信』を取り戻すことが出来ました。
売上が上がり、蓄えもプラスに増えてきています。

人の役に立つ仕事をし、
人に喜んで頂ける自分でいたいです。
これからも、明るく生き生きと輝く自分でありますように!
れおなるど・てんぷうこと、
ビジョンアートの原先生との出会いに感謝申し上げます。
ありがとうございます。

夢net 砥綿 ヨウ子さん

▶VISION ART METHOD受講記

小山 忠昭さん 技術者 尼崎市在住 

「人の役に立てる技術で
プロジェクト・リーダーとして明るい未来をつくりたい」
というビジョンをお持ちです。 

・VISION ART METHODを受けようと思われたきっかけ・動機。

「金持ち父さん貧乏父さん」を読んで、
そろそろ2年をたとうとしていた頃でした。
今まで、自分なりの勉強方法をしてきましたが、
他の方法も取り入れたいな、
と思って、以前から聞いていた、
「VISION ART METHOD」の説明をお願いしたのが、
きっかけです。
(たまたま、事業がうまくいってお金に余裕があったのも要因ですが)

もっと、自分のやりたいことを、
はっきりさせるにはどうしたらいいか、
やる気を出すにはどうしたらいいかを、
模索していた時期です。

・VISION ART METHODを受けられる
プロセスの中で得られた気づかれたこと、あるいは変化。

当初、受け始めたときは、
こんなに時間がかかるとは思っていなかったのです。
やっていて、気づいたことは昔はこんなことをやりたかった、
もっと夢に向かって、走っていた時期もあったな、、
と改めて感じたことです。
自分にとって、「技術」の発展と言うのは、
夢の一つであるし、そのため、
今の仕事をやっているのだけど、
改めて意識することはなかったな、、と
思いました。

そして、もっと技術にたいして、追求したい、、
と心の底では、思っていたのに、
自分では気づいていなかったな、、
と思い出させてくれました。

・現在どのように夢に向かわれているのかお教えください。

VISION ART をもらった直後、、と言うのは、
そんなに生活に変化はなかったかな、、
と思います。

ただ、徐々に効いてきている自分がわかりますね。

夢=仕事と言う、環境に自分の身を置いていますから、
とことん、自分を仕事に
向かわせていただけます。
新しいこと、難しいことでも、もってやって
将来、 自分が納得できる、
人に役に立つ技術を開発していきたいと思っています。
そういえば、技術畑に詳しい人と、仲良くなりました。
東京の人ですが、今後、心強い、パートナーになれると思います。

原さんが言っていた、
他のセミナー等を受ける場合は
まず、VISION ARTを
やってからのほうが、いい、、と言うのは、今実感しています。
他のセミナー等は、自分の夢を加速させるのは、いいのですが、
目標の設定には、まだまだほど遠いな、、とも感じていますから。
今は、どのセミナーを受けても、VISION ART にかかれたことを
実現を早めるための、手段として、役に立っているな、、
と感じております。
まだまだ、やらないといけないことはたくさんありますが、
さらに、自分をのばしていく、自信は本当についてきました。
ありがとうございました。
小山 忠昭さん

SENさん(京都在住 女性 匿名希望)

原さんもお変わりなくお過ごしですか?

おかげさまで、
毎日今の状況に感謝しつつ暮らしています。

ビジョンアートメソッドを受けて、

私は本当に楽に生きることができるようになりました。

土居さんからもよく聞いていたのですが、
自分の進む道に迷いが生じても、
違う方に遠回りしていても、
価値観が確定しているから、
“元”に戻ることが出来る!と。
本当にそう思います。

行動したいけど、どうしてよいかわからず、
右往左往していた自分ですが、
分解して考えること・とにかく紙に書くこと・
5分だけでもやることなどなど、
いろんなちょっとした且つ重要なコツを
教えてもらうことが出来き、
自分を責めることが少なくなりました。

自ら塾の資料や
今までやってきた資料を見返すことにより、
今でもビジョンアートメソッド講習中!
って感じでやっています。

なにか考える時は
作成して頂いたビジョンアートを前に置いてやっています。

ビジョンアートメソッドは今後も私のような人間には
希望の光になると思います。

SENさん(京都在住 女性 匿名希望)

ビジョンアートメソッドとは?

多くのクライアントの方々が
「ブレない自分軸をもつ安心感」と「希望」と「見通し」のある
スッキリした人生を実感しているビジョンアートメソッドとは
どういうものでしょうか?
どういうものでしょうか?ビジョンアートメソッドとは?くわしくはコチラ




▶あなたの【本当にやりたいこと】の見つけ方のヒントが満載
「無料メールセミナ ー」があります。

ビジョンアートメソッド無料ネットセミナー
10回に渡り、自宅にいながら、あなた ひとりでも受講していただける
『【本当にやりたいこと】の見つけ方』のヒントを、
メールセミナーでお送りします。
今すぐ、以下からご登録ください。
         ▼

ではメール・セミナーで
あなたとお会いできますこと楽しみにしております。

さらに!

無料e-Bookプレゼント!
ロングセラー『【与え好き】の法則 』
コチラから今すぐダウンロードできます。

s_hyoushiweb10 (3)『【与え好き】の法則』

丸裸の私を書いてます。

ご希望の方は、どなたにでも無料プレゼントします。

ビジョンアートメソッドが
本年15年目になり、今までの感謝と共に
これから新たな船出の意味も込め、構想より
ほぼ半年かけ、多くの方々にお役に立てればと
全434ページを毎日心を込めて執筆しました。

あの本田 健さんからもご感想をいただいております。




▶スマホの方は一番下の切り替えボタンより、
お好きなサイト画面でご覧ください。
 

Tag: ビジョンアートメソッド 本当にやりたいこと 原 克之 ブレない自分軸 ビジョンアート ビジョンカウンセリング 『【与え好き】の法則』 人生好転