画像の説明

■『与え好きの法則』シェア(分かちあい)のページ

e-Book新着ランキング第1位!
第3回e-Book大賞優秀賞受賞!
選んでいただきましたのも、あなたのおかげです。ありがとうございます。

e-Book『【与え好き】の法則』を分かち合うためのコミュニティです。
あなたも、わたしも、みんなで【与え好き】の世界を分かち合いませんか?

あの本田健さんより『【与え好き】の法則』のご感想文をいただきました!

「原さんへ

 あっという間に、読ませていただきました。
 ポイントがよくまとまっていて、読みやすかったです。

 お母さんの話は、共通するところもあり、とっても感動しました。
 こんなにもハートが、じ~んときたのは、久しぶりです。

 すてきなプレゼントをありがとうございます。
 書いていることを実践されているのは、すばらしいですね。

 これを読まれた方が、与え好きになっていくことを想像した
 だけでワクワクします。

 これからのご活躍をお祈りしています」

                         本田健さん

本田健(ほんだ・けん)さんプロフィール

神戸生まれ。経営コンサルティング会社、会計事務所、
ベンチャーキャピタル会社など、
複数の会社を経営する「お金の専門家」。

独自の経営アドバイスで多くのベンチャービジネスの成功者を育てる。

娘の誕生をきっかけに「セミリタイア生活」に入り、
子育てのかたわら「お金と幸せ」に関する講演、
カウンセリング、セミナーなどを不定期に行なっている。

2001年に無料で配布した
小冊子「幸せな小金持ちへの8つのステップ」が話題を呼び、
世界中で100万人に読まれている。

2005年より海外を拠点として活動を続けている。

著書に『幸せな小金持ちへの8つのステップ』(ゴマブックス)、
『夢をかなえるお金の教え  豊かさの智恵』(フォレスト出版)、
『普通の人がこうして億万長者になった』(講談社)、
画像の説明画像の説明画像の説明

『ユダヤ人大富豪の教え』『スイス人銀行家の教え』(ともに大和書房)、
『きっと、よくなる!』(サンマーク出版)、
訳書に『億万長者に弟子入りして成功する方法』(大和書房)など。

『【与え好き】の法則』を推薦します。

画像の説明
立山裕二(たてやまゆうじ)さん           

  立山裕二さんプロフィール
  ココロジー経営研究所代表。環境パートナップ協会 会長
  経済産業省登録『中小企業診断士』。
  環境問題と環境経営をライフワークとするコンサルタントであり、
  人間学の大家

 ・1956年6月21日大阪市生まれ。兵庫県尼崎市育ち。
 ・小学5年生の頃より環境問題に取り組み、企業や行政に提案活動を行ってこられました。
 ・環境問題をポジティブ発想で解決しようと張り切っています。
  環境問題、環境経営、ビジョンの実現法など、
  これまで全国で1700回以上の講演活動を展開。

 著 書

     『だれも教えなかった環境問題』(総合法令出版)、 『「環境」で強い会社をつくる』(同出版)、
     『これで解決! 環境問題』(同出版)、 『あなたの成長が地球環境を変える!』(同出版)、
     『目からウロコなエコの授業』(同出版) 、近著『利益を生みだす「環境経営」のすすめ』(同出版)
画像の説明画像の説明画像の説明画像の説明

  

Facebookの『【与え好き】の法則』コミュニティ

『与え好きの法則』の読者の皆さんのご感想及びシェア

『【与え好き】の法則』を、まだ読まれていないあなたも、
いますぐ無料でダウンロードできます!

◆電子書籍『【与え好き】の法則』の請求方法

電子書籍『【与え好き】の法則』は、
『ビジョン実現への道』メール講座を無料購読いただくことにより
無料で入手できます。
必要項目を入力して「ダウンロードする」ボタンを押して下さい。

渡辺安夫さんからのシェア

『与え好きの法則』をマップで表現してくださいました。 

             ↓
画像の説明

  1. -------------------渡辺さんからのメッセージ -----------------+

私たちは、時として素晴らしい本と出会い、
その知的な旅路に多くの感動を覚えます。
「与え好きの法則」もその中の1冊です。

しかしながら、私たちの記憶はとてもうつろいやすく、
時間が経つと共にせっかくの感動も忘れて
しまいがちですね。

そこで、
著者が本書を通じて伝えたかった
想いの世界にいつでもすばやく 的確に
立ち戻れるようにと1枚のマップを描いてみました。

人生の道に迷った際に、
ふと地図をみて、現在地を確認し、目的地を
再び目指せるようにと想いを込めました。

幸せの象徴である「笑顔」を中心に、
本書の構成の全体像と関係性が

一目でわかるように工夫しながら、
各章が読者に「与える」役割や意図を
私なりに解釈してみました。

本書を読む前に、再読する前に、
ふと自分自身や人生を振り返りたい時にでも
静かにマップと向き合ってみてください。

著者からの温かく力強いメッセージが
自然と伝わってくることでしょう。

どうぞ本書とともに末永くご利用ください。

  1. ---------------------------------------------------------+  

※渡辺さんの、ご感想文はこのページ下をスクロールしたところにあります。

   ・・・・・・・・・・・・

『【与え好き】の法則』を書の創作で表現してくださいました!

『与え好き』
原先生のe-bookタイトル決定!!を「祝!!」して、
タイトルから勝手にイメージして書の創作をしてみました♪

《解説》
両手いっぱいの与える力強さが、大きなハートを作り出しています。
そのハートの中は、温かい言葉と希望の言葉で埋め尽くされ、人々が
皆『心の安らぎで満たされている幸せな世界』を描いてみました。

「与」を中心として「16文字」が並ぶ。
16の数が「人生いろいろ(1616)」のゴロと掛けています。

円は回転しているのではなく、あえて「愛」と「幸」を中心として、
文字の向きを変えてみました。

全て、事柄は繋がっていますが、左半分は「温かさ」を右半分は
「希望」をイメージしてみました。

両方があるからこそ「心」は「安らぎ」を得れると思うのです。
久保田麗子さん

   ・・・・・・・・・・・・画像の説明

たくさんの方々よりe-Book『【与え好き】の法則』のご感想をいただいてます。

「ダウンロードさせていただき、

 ときには涙をぬぐいながら読ませていただきました。

 原さんの魂の込められた素晴らしいbookですね。

 ありがとうございました(^-^)」

☆フロール☆さん

   ・・・・・・・・・・・・画像の説明

「はじめまして
 E-BOOK拝見しました。

 長いのでビックリしましたが、
 読み始めると一気に引き込まれ
 最後まで読み通せました。

 丁度、必要な内容でした。

 勇気をもらえました。

 ありがとうございます。

 ただそれだけお伝えしたくてメールしました」

匿名希望さん

   ・・・・・・・・・・・・画像の説明

「与え好きの法則、何度も読み返しています。

 なんて素晴らしい書物なんだろうと感心しています。

 まだまだ、与えることをしていかなければ、と思います」

みぶ真也さん(俳優)
http://www.estyle.ne.jp/mibu

   ・・・・・・・・・・・・画像の説明
 

「感動しました。

  学びと同時に反省です。

  自分なりに本を読んだりして、

  頭だけで解っていた部分があって、

  原さんのおっしゃる通り、  自分自身の実践の乏しさを痛感しております。

  小さなことで良いから、とにかく始めようと思います。

  微力ながら、私のブログで紹介させてもらいました」

岡崎さん

   ・・・・・・・・・・・・画像の説明

「原さんへ
 いつもお世話になり、ありがとうございます。

 「与え好きの法則」、
 引き込まれるように一気に読ませていただきました。

 とても感動しました。

 今の私にぴったりのタイミングの内容でした。

 大変興味深く、何度もうなずく場面があり、
 とても勉強になりました。

 与えることが
 自分の幸せに繋がっているということが、

 原さんの実体験から、
 そして多くの賢人たちの言葉を例えに、
 理論的によくまとめられていて、
 大変分かりやすかったです。

 これを読んだ後、こころが満たされた、
 温かい気持ちになりました。

 今までの小冊子も素晴らしいのですが、
 これはまた別の意味で
 格別な一冊だと思いました。

 初めは無料で配布されているとのことで驚きましたが、
 内容を読むにつれ、そういうことか、なるほど、
 と納得しました。

 多くの人がこのe-Bookを読むことで、
 幸せの輪がどんどん広がっていきます
 ように祈っています。

 私も、自然に「与え好き体質」になるように、
 日々精進していきたいです。

 このような貴重な情報を与えてくださり、
 ありがとうございました。

 取り急ぎお礼のメールまで」

KOTIさん

   ・・・・・・・・・・・・画像の説明

「素晴らしいレポート、ありがとうございました。
 3回ほど、涙ぐんでしまいました。
 与える・・・ことが重要だとは知識としては、あった
 のですが、なかなか続かず・・・メルマガも途中で止
 まっていたり・・・・・。

 しかし、レポートを読んで、また「やろう!」
 「与え好き」にならなきゃあ。
 って、思いました。
 本当に貴重なレポート、ありがとうございました」

くりさん

   ・・・・・・・・・・・・画像の説明

「素晴らしいe-bookをありがとう
 ございました。

 普段、パソコン画面が苦手で、デジタルのものは中々
 読めなかったのですが、原さんのものは大変読みやすく
 PDFでもいっきに読んでしまいました。
 (もともとe-bookとはそういう作りなのでしょうか?)

 ここまで「与える」を追求した本はないですね。

 私も多く書籍を読みましたがここまでのものを知りません。

 それにしても本当にここまでよくご研究をされ、素晴らしい
 です!

 それと同時に、自分をも振り返り、「本当に自分は無償心で
 与えて与えていられているだろうか?」
 とハタと気がつきました。

 いつもこの本をひも解き、真の黄金律を実践できるよう
 これからがんばります。

 このタイミングで御本をいただけたのも本当に御縁だと
 思います。

 心より感謝をいたしますとともに、これからもどうぞよろしく
 お願いいたします。

 原さんの想いが深い人生経験に根ざしてのものだと、
 心より感動いたしました」
網中 達也さん
http://human-unity.jp/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「原さん、

ビジュアルマップ・ファシリテータの中野です。
https://www.facebook.com/teiji.nakano

『【与え好き】の法則』e-bookを読ませて頂きました。
あまりにページが多いので、ちょっとびっくりましたが、
内容は、飽きさせないように構成に工夫されていて、
説得力もある書き方だと思いました。

もちろん、内容自体は、とてもすばらしいですね。本を読んでも
滅多に感情が動かない私ですが、原さんの本には、感情を強く
動かされ毎日の生活にも影響がでている感じがします。

私は、ITエンジニアとして社会人をスタートしましたが、
東京に出てくるのが遅く42歳で、岡山から東京に出てきました。
そこから、今の57歳まで人生波乱万丈でした。
ただ、一度も自分の人生が悪かったと思うことはありませんでした。
ただ、家族には迷惑をかけてきたなという思いはあります。

与えるということについて考えてみますと、
私の子供の頃は、田舎で育ち、近所の人は、だれに対しても与える
ということが普通にできていたいと思います。
それが当たり前なんだと思っていました。
ところが、社会人になり、会社生活になったとたん、愕然としました。
私が信じていた価値観は、会社では通用しませんでした。
挨拶は、しない。
人に関心を持たない。
関心を持たれることを拒否する。
困ったひとを助けることができない。
という人があまりに多いのでびっくりです。

若い社員や採用面接に来た人によくこんなことを言ってます。
「自分が何かをしたいと思うならば、先に周りに与えなさい。
その見返りを明日求めてはいけない。見返りは、40年後かもしれない。
それでもいいと思い与え続けなさい。それがあなたを成長させるし、
相手からも信頼される。

さて、これから、私がどんなことを与えられるか、原さんのために
何ができるかをまた考えてみたいと思います」

自己紹介のマインドマップはこれです。
http://visualmapping.lomo.jp/files/nakanoteiji/index.html

ブログ http://visualmapping.info/
Facebookページ https://www.facebook.com/VisualMapping
Linkedin http://www.linkedin.com/in/teijinakano/ja

中野禎二さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「原 克之 先生

 先日はありがとうございました。

 100年企業つくり隊でお世話になりました伊丹博章でございます。

 先生のお話を聞いて直感的に「早くホームページを拝見したい!」
 と思いました。

 本日拝見させていただき、「与え好きの法則」もダウンロードし
 時間を忘れて読ませていただきました。

 お世辞ではなく、感動いたしました。

 私、今から10数年前、あるセミナーに真剣に参加しておりました。
 その中で「与える」という言葉を何度となく繰り返しておりました。

 与えなければ入ってこない、ということを学んでいたと思うのですが
 まったく、ピンとこずに現在まで過ごしてきました。
 (当時は何かを感じていたのかもしれませんが。)

 今回の先生の書籍を読ませていただき、しっくりいたしました。
 目からうろことはこういうことを言うのでしょうか?

 新しい仕事を始めて1年ほどですが、そこそこはうまくいってますが
 これからどのような活動をしていけば良いか迷っていました。

 つまり、「与えられる」ためにどうすればよいかと悩んでいたわけです。
 「与える」ですね。しかも{見返りを考えずに与える」ですね。
 すごく気持ちが楽になりました。

 頭が悪いもので書籍を読ませていただいても、すべては頭に
 残っていません。

 繰り返し読ませていただこうと思っております。

 またお会いできたときに、いろいろ教えていただければ
 ありがたいと思っております。
 あ、また「与えられる」ほうになってしまいました。

 私、ブログをやっておりまして、真剣に続けております。

 そのなかで、先生のことやホームページのこと、、「与え好きの法則」
 のダウンロードページの紹介をさせていただいてはいけませんでしょうか?

 零細企業向けのつもりで書いているブログですので、きっと喜んで
 もらえると思っております。
 http://ameblo.jp/hokenya-itami/

 もしお許しいただけますようでしたら、お願いいたします。

 末席ではありますが、100年企業つくり隊にも貢献できたらと思っております。
 先生の書籍を読んで、どのような気持ちでかかわろうかということが
 はっきりいたしました。

 感謝いたします。本当にありがとうございました。」

伊丹 博章さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「原 克之さま

 私の書斎には1000冊以上の本がありますが、原さんのレ
 ポートほど感動した本はありません。

 特にお母様のお話には目から涙が出てきて止まりません
 でした。

 私は偶然にも、いろいろなお金持ちの方とお話を聞く事
 ができましたが、話をしている内容がどうも違うなぁと
 感じていました。私が感じていたのはテクニックだった
 のです。

 そこで、みなさんの行動を見ることにしました所、原さ
 んが書いているように与えている事がわかりました。

 ・ほめる事。
 ・ニコニコしている事
 ・お土産を持っていく事などなど、
 ・困っている事を助ける事。

 みなさん、サービス精神が旺盛でした。

 まさに、原さんが書かれていた通りの事でした。。。

 素晴らしいストーリーありがとうございました。

 さっそく実践していきます。

 ありがとうございます。」

「原克之さま

 2度目の投稿です。

 このE-Bookはやはり素晴らしいです。

 私は、人から「お人好しで馬鹿じゃないか」と言われ
 ても、人にサービスしてしまいます。
 その結果だまされたり利用されたりもします。でも、
 喜ぶ顔をみるとほっておけません。

 でもその事は間違っていない事をこのE-Bookは教えて
 くれました。

 こんなありがたい事はありません。

 確かに好きだからやっているのです。私をだました人
 たちには、彼らの仕事がうまくいくように励ましま
 す。この事も普通の人だったら馬鹿さ加減にあきれる
 でしょう。

 でもいいんです。人がいう馬鹿な事をやればやるほ
 ど、なぜか素晴らしい仲間の輪が増えてきました。

 この理由は解りませんでしたが、このE-Bookを読んで
 理解しました。

 また、私は経営者の立場にいるのですが、会社員の時
 には、いかに仕事をしないでお金をもらおうかばかり
 を考えていました。そんな心構えでは出世はできませ
 んね。

 ある時、本当に寝食を忘れて仕事に没頭しました。
 その時に初めて経営者の気持ちがわかるようになりま
 した。

 経営者って会社員からみると重圧、責任が重くて良く
 やっていられるなぁと思っていたのです。いまなって
 みると、ようは好きだからやっているのであって、そ
 んなことは気にならないわけです。それは「好きだか
 ら。」

 本当にこのE-Bookを読んで良かったです。

 ありがとうございます。

 原さんの益々のご盛栄をお祈りいたします。

 長文の支離滅裂な文でありますが、これにて失礼いた
 します。

 読んで頂きありがとうございました。」

Akiraさん
・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「原克之さま

 こんばんは。畠山ひとみと申します。

 「与え好きの法則」読ませて頂きました。

 感想をお伝えせずにはいられず、メールを送らせて頂きました。

 私はホスピタリティ研究家という名前を付けてブログを書いています。

  毎日ホスピタリティのことを考えながら生活していますが、
 「与え好き」と「ホスピタリティマインド」には、
 非常に共通点 があると思い、大変共感いたしました。

 また、自分が今やらなければならないことがかなり明確になり、
 そして私があのブログを書く目的・意味もはっきりしました 。

 これからの私の人生に大きな影響を与えてくださる一冊となり ました。

 これからも何度も読み返しては大切にしていきたいと思ってお ります。

 本当に心から感謝しております。

 
 434ページもの大作を無料で配布するなんて、
 まさに「与え好き」そのものですね!

 本当にありがとうございました。

 まずは取り急ぎお礼まで。

 ブログの更新、いつも楽しみにしております」

 畠山ひとみさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「原さんはじめまして。

 【与え好き】の法則を読ませていただき、
 メールさせてもらいました。

 お金も人脈も何もないと思って
 生きてきた僕にとっ て、
 人生の転機になるような衝撃を覚えました。

 自分にも
 世の中の人のために与えられるものがあると いう事実が、
 本当にうれしいです。

 まだまだ読んだばかりで実践できていませんが、
 必ず継続していく事をお約束します。

 今回は
 このような価値ある本を無料で提供していいただき、
 本当にありがとうございました。

 これからも原さんのご活躍をお祈りしています」 

鹿野剛志 さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「無料でこのような素晴らしいe-bookをいただき、心より
 感謝申し上げます。

 読み始めましたら、一気に読んでしまいました。途中で
 涙がでました。

 今まで、「先に自分から与えること」ということを何度
 も聞いたり本で読んだりしてわかっていたつもりでした。

 でも、「与え好き」を読んで、知っているだけでぜんぜ
 んわかっていなかったという事に気づきました。

 自分には与えるものがないと思っていたのも事実です。

 読んでいて、自分にあてはまることが多く、与えるとい
 うことの本当の意味がわかり、心の在り方が変わった気
 がします。

 本当にありがとうございました。

 この本は、
 たくさんの方に読んでいただきたいと思いました。」

原田さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「昨日今日と、二回も一気に読んでしまいました。

 とても感じるものがあり、
 今足りなかったところを 実感したような気持ちです。

 本を読んで希望が持てる感覚っていうのは

 ビジネス書 であればあるほど
 作戦っていう感じになってしまって
 今一つピンとこなかったけど、

 人間の根本の大事な部分を
 確認できたような時間でした。

 ありがとうございました。 」

mokoさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「【与え好き】の法則を読ませていただき、
 ありがとうご ざいました。

 すでに知っている考え方であり、
 実践しているつもりで いましたが、

 いかに足りなかったか、
 どこが足りなかっ たのか、身に沁みました。

 まだまだほんのさわりでしかなかったのだなぁ、
 まだ未熟者だったなぁと恥ずかしくなりました。

 行動にムラがありましたし、
 思いつきでしかなかった り、
 一貫してなかった。

 これからは難しく考えず、
 体が、心が自動的に動くようになれるまで、
 実践していきます。

 ありがとうございました。 」

市橋啓子さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「自分の行いはすべて自分に還ってくる あぁそうでした。。

 いいタイミングで再認識させていただけでよかったです。

 ありがとうございます。 」

miyacoさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「一言でめっちゃよかったです。

 見返りを求めずに与えるということは
 自分に不利になるし損を することやと思ってたけど、
 そうじゃないんですね。

 大学時代してた塾でのアルバイトを思い出しました。

 私は自分が受け持った生徒さんに、
 自分が持っている知識や使 ってみてよかった
 参考文献をすべて与えようとしてました。

 結果生徒さんは成績も伸びてくれたし、
 結構塾でも生徒さんから 慕われていました。

 でも、
 大学の仲いい友達と何人かで誕生会をした時、

 私はその場を盛り上げることを目的に、
 変なプレゼントを誕生日の子に買い、
 身近にいた友達にめっちゃ怒られたことがあります。

 その時はなぜそんなに怒るのかと反抗的でしたが、
 今ではわかる 気がします。

 私はやっぱり美容部員になりたいです。
 やはり専門学校に行こ うと思います。

 技術とお客様に必要な情報をたくさん提供できて、

 人を励まし人に元気を与えられる
 接客のできる美容部員になりたいです。

 専門行くのお金かかるからやめようかなって思ってたけど、
 お客様にたくさんの情報を与えられるなら行こうと思いました。
 お金まだたまってないけど。

 本当に素晴らしいセミナーに参加できて感謝感謝です。

 これからも応援してます。

 ありがとうございました」

N.Sさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「原さん、
 すばらしい本をシェアしてくださって
 ほんと うにありがとうございます。

 はじめのお母様とのエピソードには
 涙がたくさんでま した

 ・・・あの体験が
 原さんの原点になっているのだ なぁと思います。

 これから何度も読ましていただこうと思います。

 ほんとうにどうもありがとうございました」

ばんの めぐみさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「【与え好き】の法則読まさせて頂き有難うございました。

 こちらへは中村天風氏のサイトからたどり着きました。

     
 人生の苦境に立ちあらゆる考え方の本やサイト      

 を参考にさせて頂いていました。

     
 自身なぜ現在の環境にいるか・・・大変骨身に染み入      

 る言葉ばかりです。参考にさせて頂いた生長の家から      

 中村天風氏の教え等考え方が同じで、尚且つ自身の生      

 き方がこれ程自分勝手なことに気づかされました。

     
 与えていませんでした。

 本当に分かり易い言葉等で気づかされました。

     
 人生に遅いということはない。

     
 1960年うまれ。今から・・・

     
 有難うございました」

     

「生まれが原さまと同じです。

     
 若かりし頃は野望や      

 野心、夢      

 いろいろありました。
     

 ただここ数年色々ありました。      

 一度ならずも人生なんて・・・      

 ということもございました。

     
 それから色々な方の生き方を学んでいくうち      

 自分の今までを猛省しました。

     
 そこでこの与え好きの法則にたどり着きました。      

 同じ歳の原さまも人生において色々あったと推察しますが      

 今こうして活動されていることに感銘しました。

     
 今まで与えて頂いていた分      

 これからはどんどん与えていかなければ      

 お返しができないと考えました。

     
 おそくない      

 今からでもどんどん与えていかなければ      

 これがその時の心境です。

     
 長々とすいませんでした。

     
 今日も明るく生きてます。      

 また与え好きの法則読まさせて頂き      

 その時の心境をご連絡させて頂けばと考えます」

       
「度々お邪魔いたします。      

 与え好きの法則、何度も読まさせて頂いています。

     
 自身が読んで気づいたことを      

 同じ遺伝子を持つ息子にも感じて欲しい為      

 息子にも紹介させて頂きました。

     
 我が家に足りなかった与え好きに気づき      

 健康でいてくれれば

     
 家族の願いです。

     
 有難うございました。      

 今後とも宜しくお願い致します」

匿名希望さん

※(ありがたいことに、匿名希望さんは、  

 何度も『【与え好き】の法則』を読まれる度に、  

 違う味わいのご感想をくださいます)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「『【与え好き】の法則』読ませていただきました。

 与えるといいよとは聞いていたけど、自分には何も無いと考えて
 固まって何もできない自分がいました。

 『【与え好き】の法則』のおかげで、あ、こんな些細なこと
 からで良いんだという事を気付かせて頂くことができました。

 ありがとうございます。

 文面も関西弁だったりして大変読みやすかったです。

 上がり下がりあるかと思いますが、少しずつ実践していきます。

 本当にありがとうございました。」

伴 政巳さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「一気に読んでしまいました。

 とにかく、すばらしい。すばらしい。

 私は22歳学生、

 これから社会に出て活躍する立場にいます。

 まだ学生のうちに、このようなすばらしい考え

 に出逢えて本当によかったと思います。

 愛を持って与えることができれば、

 すべてのことがう まく行くでしょうね。
 実践してみます。

 ありがとうございました。

 私も、いろいろな人に自分の持っているものを与えようと

 思います。

 私の与えたものがめぐりめぐって、

 いつか原さんのと
 ころへたどり着くかもしれません。

 その日をどうか、お楽しみに」

 斎藤ショウさん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「選択理論心理学の年次総会でお会いしてから
 このたび10数年ぶりにE-BOOKでお会いしました。

 「与え好き」の内容は目を見張るものでした。

 成功哲学を求めてプログラムやセミナー、書籍をあさり、

 今まで400万円以上の投資をした私は71歳になろう
 とする今日初めて、自分に成功哲学の研究と実践に結
 果を出さなかった原因が原様の「与え好き」を通して
 明確になりました。

 「与え好き」の本は原様の誠意と熱意にあふれています。

 はじめ20ページくらいを画面でよみ、これはすごいと
  姿勢を正しました。

 そして433ページをプリントアウトして丁寧に読ま
 せていただきました。

 この本のお蔭で、聖書のみ言葉を生活の中で実践する
 道が明確になりました。

 早速私のグループの仲間に次のように伝えました。

 渡邊代表様・サクセスの皆様へ

 私の知人、原克之氏が「与え好きの法則」という人生
 の成功法則をまとめて公開しました。

 私が今まで学んだもっともやさしくて納得した内容で、
 皆さんにも是非お読みになることをお勧めします。

 どなたでも無料でダウンロードできます。

 つまり本人が与え好きを実践したわけです。

 http://xam.jp/get.php?R=10096
 をクリックしてください。

 内容の一部を参考までに要約します。

 私がもっとも教えていただいた部分です。

 成功者は先に与えている。

 与え好きである。

 自分にあるものを惜しみなく与える。

 期待するが当てにしないで惜しみなく与える。

 期待する10倍を与える。

 与えて相手が喜ぶことを自分の喜びとする。

 まず身近な人から与える。

 地位やお金がなくてもあなたには与えるものがたくさんある。
 (この部分は重要です。)

 あなたは神様からただで賜物(才能・特技など)を
 与えられている。

 それを他人や世の中のために活かすことが与えることである。

 (要約すれば)当てにしないで継続して与えなさい、
 そうすれば必ず与えられる、ということになります。

 さらにくわしい情報がほしいかたは田口誠弘まで連絡
 ください。

 ネットによる無料セミナーはすばらしいものです。
 http://visionartmethod.com/melsemi.html

 ご自分の過去と現在の体験を解説に加えているのはすばらし
 いことです。

 中村天風は私の尊敬する人物の一人です。

 私とおなじことを感じている方もきっと多いと思います。

 このすばらしいアイデアを多くの人にまずお知らせします。

 私のアドレスにある300名の方にまず伝えたいと思います。

 今後は長期的に仲間と情報交換して原様のアイデアを
 分かち合います。

 同時に今後数年にわたり私の実践結果の報告をしますので、
 原様の講演や著書で実名入りでご活用ください。

 原様のセミナーや講演の予定がありましたら教えてください。

 原様の更なるご成功を心からお祈り申し上げます」

田口誠弘さん

・・・・・・・・・・・画像の説明

「与え好き

 サクセスクラブの元祖

 田口誠弘さんからメール をいただきました。

 原克之さんというビジョンア ーティストという

 ジャンルをやっておられる方で す。

 「与え好きの法則」という内容の本を

 インタ ーネットでダウンロードして 読めるようにされて おられます。

 早速、読んでみると

 「なるほど、こういうことだっ たのか!」 という発見がありました。

 本田健さん が

 「与えた奉仕の量=得る報酬」と書いていま す。

 そういうことを自然に行動している人もいま す。

 しかし、

 わが身を振り返ってみるとなかなか できるものでは ありません。

 どうしても見返りを イメージしてしまう凡夫でも

 あるわけです。

 400ページを超えるページですが、

 画面で読み やすいよう大きい字で書いてあり、 

 思わず引き 込まれてしまいます。

 ・貧乏を直すな。貧乏になった自分を直せ。

 ・もらうことばっかり考えて、与えることはほんの
 少しだけ。

 ・自分に一番欠けたいたもの、それは「与える」
 ことだったのです。

 ・自ら好んで見返りを求めず、先に相手の望む

  喜びを与えると幸せが実感できる。

 ここまでは、多くの人が語っているわけですが、

 ここから、心理学の理論的背景、お金やビジネ

 スとの関係、実践の方法等原さんご自身の経

 験を踏まえた、とても皆さんの参考になる内容

 と感じます。

 「相手が望む喜びを与えつづける」ということが

 エッセンスなのです。

 これが見返りを求める打算的な行動に結びつく
 ニュアンスが何か引っかか るものがありました。

 その行為自身が自分の幸せにつながることを

 体系的に説明してもらえたことが 納得につながりました。

 与え好きになる=幸せの実感

 1)自己重要感

 2)互酬性

 3)返報性の法則

 4)認知的不協和

 この辺がキーワードです。

 こうやって理屈っぽく言わなくても

 世の中には自然にやっている人

 は多くいらっしゃり、こういう人を見習う意味で

 も原克之さんが知らせてくれるのでしょう。

 何といっても行動しないことには、

 与える量が無ければ始まりません。

 さて、ご興味のある方は以下にアクセスあれ。

 http://xam.jp/get.php?R=10096

 「与え好き」の法則からダウンロードできます」

渡辺俊一さんブログより

・・・・・・・・・・・画像の説明

「ランキング第一位おめでとうございます。

 この度は本当に素晴しいご本をありがとうございました。

 とても感動しました。涙が止まりませんでした。

 根本が間違っていました。

 一番大切な大事なことに気付かせて頂きました。

 心から感謝します。

 残り少ない人生ですが、
 又一からきっちりとやり直します。

 これからもどうか
 よろしくお願い致します

                 感謝 

  
             高木 忠興拝」

高木 忠興さん

・・・・・・・・・・・画像の説明

「 知人よりご照会いただき、一気に拝見させていただきました。

 とても読みやすく、どんどんと気持が高まって
  読み進んで行きました。

 自分がやりたいこと、人から勧められていること、
 これからやっていこうとしていることに対して、
 とても良い刺激と応援を頂いたように思います。

 ありがとうございます。

 そして、自分自身がこれまでの人生で、「いいなぁ」
 と思っていた事に、承認を得られるような励ましと、
 後ろ押しのメッセージがつづられていると感じました。

 まさに、与え好きにさせるエキスが詰まった法則を、
 与えていただき感謝しています。

 ありがとうございます」

三浦由季子さん

・・・・・・・・・・・画像の説明

「原さん、こんにちは
 

 しのぶと申します。

 【与え好き】の法則 読ませていただきました。

 感動しました。

 温かい気持ちになることができました。

 苦労の1番良い、活かし方をされていますよね。

 勝手ながら、メールマガジンで、ご紹介させていただきました。

 http://www.infomag.jp/Site_1749.html

 かならず、読んだ人に示唆がある、と思ったからです。

 では、本当にありがとうございました!

 失礼いたします。

 みえいしのぶさん

音読と効果7倍の超音読

http://t-triangle3.com/

快眠で不眠のストレス 睡眠の悩みを解消する方法

http://8.kaiminn-night.com/

・・・・・・・・・・・画像の説明

「原さん

 おはようございます。
 シンプルビジョンの渡辺です。
 いつもお世話になっております。

 この度は、e-Book「与え好きの法則」を
 プレゼントいただき本当にありがとうございました。

 早速、数回に渡って熟読させていただきました。

 今の自分の状況と重なる部分があまりに多くて、
  思わずじーんときてしまいました。

 率直な感想として...

 ■とても読みやすい
 ■心に語りかけてくるよう(原さんが目の前にいるようです)
 ■行間が優しく、心地よい

 などなど読者を配慮した
  原さんの優しい心遣いにあらためて感心させられました。

 すばらしい!の一言です。

 相手の心に語りかけ、考える「間」を与えるには、

 この行間がとても重要なんだなと
 実感しました。

 これは、

 私のこれまでの無料レポートや商材に
  まさに欠けていた大事な点だと気づきました。

 自分の言いたいことを一方的に詰め込むだけで、

 読者にとってはとても読みにくかったのではと
 深く反省しています。

 本書を読みながら、
  これまで私が「与えている」つもりだったものが、

 いかに身勝手で
 独りよがりなものであるかを痛感させられました。

 相手が喜ぶものを与えるのではなく、
 自分が与えたいものを与えていたんですよね。

 もちろん、

 その時は一生懸命「与えている」つもりなんですが...
 残念ながら相手にはその想いは届かない。

 今さらながら、本当に情けないやら、恥ずかしいやら...

 そうこう思いを巡らせながら本書を読み進めていくうちに、

 原さんや読者の方々に

 ■私が今できることで何か役立てること、
  与えられるものはないものだろうか?

 と素直に感じ始めました。

 そこで、
  原さんが多くの人たちに伝えたかった
  渾身のメッセージや想いを自分なりの
 感謝のカタチとしてマッピングしてみることにしました。

 本書を読みながら、
  原さんから実にたくさんのものが
  与えられていることに気づきました。

 各章を通じて、
  原さんから与えられる「智恵」や「助言」

 そして、「希望」や「勇気」と
 いった目に見えないものたちを

 私なりの感性で解釈した世界を1枚のマップで表現して
 みました。(詳しくは、添付ファイルをご覧ください)

 # 原さんの事前承諾なしに、
  内容をマッピングしたこと何卒ご容赦くださいませ。

 原さんが多くの方々に一生懸命伝えたかった
  想いの全体像と関係性を地図として
 1枚で見渡せることによって、

 読む前でも、読んだ後でも一層深い理解をもたらす
 上で役立ってくれることと思います。

 434ページに及ぶ膨大な知的空間の旅路の
  「知図」として、原さんと読者の方々に
 とって理解と行動の架け橋となればと思い、
  私も一生懸命描かせていただきました。

 しかし...

 今の私には、
  果たしてこれが原さんや読者の方々にとって
  嬉しいことなのか、逆にありがた迷惑なことなのか
  残念ながら自信がありません。

 もしかしたら、

  「余計なことなのかもしれない」という
  恐怖心を抱きながらもささやかな
 第一歩を踏み出したいと思います。

 もし、
  このプレゼントが原さんから見て
  e-Bookの読者の方々にとって何か少しでもお役に
 立てそうであればどうぞご自由にお使いください。

 もし、マップが必要であれば、遠慮なくおっしゃってください。

 逆に...

 「おせっかいや押し付けになってしまったら
   本当にごめんなさい...どうかご容赦を」(^_^;)

 その時は、私のささやかな感謝のキモチとして、

 受け取っていただければ嬉しく思います。

 与えるということに関して、
  まだまだ未熟者の私ですが、

「相手の望む喜び」を忘れる
 ことなくあらためて精進していきたいと思います。

 最後に、あらためて絶妙なタイミングで
  素晴らしいプレゼントをいただいたこと、原さんとの
 素敵なご縁が続いている奇跡に心より感謝しております。

 私の周りの人たちにも
  このe-Bookを機会があるごとにご紹介したいと思います。
 まずは、下記ブログにアップさせていただきました。

 http://blog.livedoor.jp/smartmap/archives/51243167.html

 本当にありがとうございました。

 まずはお礼方々、フィードバックまで。

 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

                                -渡辺」

  

※渡辺さんからの素晴らしいシェアは冒頭のマップです。

また、シンプル・ビジョン公式サイトの
ライブラリページにも掲載してくださいました。

http://www.simple-vision.co.jp/library.htm 

  

       

・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「先日は「与え好きの法則」をありがとうございました。
 昨日、ようやく読み終えました。

 原さんが、どのような考えや姿勢で
  ビジョンカウンセリングをされているのかが
 とてもよく伝わりました。

 それから、原さんのお母様が、
  とても、受け取り上手で与え上手な方だなぁ。
 と思いました。

 息子さんや、お孫さんからのプレゼントや愛情を
 きちんと受け止めて、そして感謝することで、
  相手に満足感を与えている。

 そんな印象を受けました。

 これからも原さんらしく、
  皆さんに幸せを与えてくれる

 素敵なビジョンカウンセリングを
  続けられることを期待してます♪

 私も、単なる自己満足で終わらないように
 日々勉強していく姿勢で生きていきたいと思います。

 いつも本当にありがとうございます。

 長くなりましたが、
  原さんの想いが、皆さんに伝わり、
 多くの人が幸せになれるようにお祈りいたします」

p.g.d
personal graphic design

パーソナルグラフィックデザイン
石井 陽子さん

・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

原さん

約400ページに及ぶ、与え好きの法則を
拝読致しました。

一つ一つの内容が実に流れるように
書かれていらっしゃいまして
スイスイと心底に響きながら伝わってきました。

一番心に残ったのは、与えられたかったら、
まずは自分から進んで与えるという事です。

まずは与える事で人を喜ばせ、与え続けていく。

自分が相手を喜ばせるためにできる事は何か?
を考える必要がありますね。

出来ない事を嘆くのではなく、
既に備わったスキルや経験を活かして
人様のお役に立つ事ができるんだという再認識が出来て、
本当に自信が湧いてきました。

今まで私は、
楽をして自分の欲求を満たしたいが為に
お金を稼ごうとしていました。

自分を優先にし、与えるのではなく、
取ろう、取ろうという利己的、
我欲的に行動してきたことを気づかさせられました。

与えることは受け取ることと教えて頂きましたが、
まず自分が受け取ろうとサービスの押し付け、
押し売りをしていました。

また、取ることばかり考えては取ってしまう
罪悪感からお金に恐怖を抱いていた気も致します。

幸せ豊かになる成功法は、相手を喜ばせる事ですね。

それも、相手の幸せが自分の幸せになると、
自動的に幸せ、そして豊かになっていける事を学びました。

幸せや成功、豊かになるために、
私もたくさんのお金を使いました。

モチベーションは上がっても、
学んだ事を自分で行動が出来ずに、
何も変わらない経験を繰り返しました。

原さんのように、転職を十数回繰り返し、
何が自分はしたいんだろう…
わからない年月が続いていた矢先のこと。

与え好きの法則を読ませて頂き、
原さんのように自己発見を深いレベルまで
追究していく作業が現在の私のできる事でもあり、

そして与える喜びも今後のステップアップとして
形成していけると確信できました。

自分でビジネスを始めようと、知り合った
ビジネスの先輩に導かれ上京してきた私ですが、
やり方の違いや相性も良くない事に悩み、

疲労困憊しておりましたが、
新たに自分がやりたいとワクワクした
方法で、人様に与えられたら最上の喜びですね!

今から、楽しくなってきました。

私にとって、与え好きの法則は、
自信とやる気の回復と、
新たなる可能性に向けて十二分に応援頂けた希望の書でした。

個人で英会話を教えて、
たくさんの人と笑顔、感動、夢を共有していきます!

原さん、誠に有難うございました(^^)
何度も読み返し、実践すべき指南書となりました。

本当に感謝いたします!ワクワクして止みません。
たくさんの方に伝えていきます。

潮田 英之

・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「『【与え好き】の法則』は
  僕の人生のバイブルとさせていただきます。

 「あったかい人間」を目指す僕にはもってこい!
 今回大きなヒントをまさに与えていただきました。

 奥さんが毎日笑顔で迎えてくれて、
 その笑顔を見たいため必死に働くというご夫婦の
 話のところ…感動して泣けました。

 簡単なようでとても難しいことだと思います。

 楽しいから嬉しいから笑顔になるんであって、
 無理やり笑顔はつくるものじゃないからです。

 おそらくだんなさんも
  家庭に仕事の愚痴などは持ち込まず、

 楽しい話をするように努力していたん
  じゃないかなと思います。

 楽しみを与える人間になって、
 生活の中に笑いを増やせていけたらいいですね。
 落ち込んだり、人間関係がうまくいかなかったり…、

 そのたびにこの本を読んで
  心をきれいにしたいと思います。

 本当にありがとうございました。」

かずさん

・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

 「はじめまして。90分弱で一気に読み通しました。

  社会人生活13年目ですが、「うつ」に罹患して生活が

  激変しました。治療を開始して3年近くなります。

  最近は、治療生活も長くなり、かつて自信のあった

  「与える」余裕も失って、「求めて」ばかりいましたが、

  再度、原点に返ろうという気持ちを頂きました。

  先ずは、治療に専念し健康を取り戻すこと。

  これに尽きると思います。

  元気になったらまた幸せの種を蒔きたいです。

     
  有難うございました」

  T.Tさん

・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

 「今日の午前中に受け取り,一気に読んでしまいました。

  自分の60年の人生を振り返ってみると,

  「与える」ことを多くしている時期は仕事が順調で,

  「与える」ことが減ると,不調でした。

  現在,リストラで退職して仕事を探していますが,

  人の役に立てる仕事をしなければいけないなということに,

  他の観点から気づいていたところでした。

  このe-Bookの内容は,本当に参考になりました」

  豊岡孝資さん

・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

 「どうもありがとうございました。

  住宅営業をしています。自分の契約数字を追いかけて

  いますが、与え好きの法則を読んで順番が逆だったな。

  と理解できました。

  素晴らしいシェアありがとうございます」

  田中次郎さん

・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

  

 「初めましていむらと申します。

  「与え好き」の法則拝見しました。

   よく出来ていますね。共感する部分が結構ありました。

   私も若い時分は人に物をあげるのが好きでした。

   その時はよくもてましたし、金回りも良かった気がします。

   ある時期を境に、逆転してからは、
   人から奪うようになり 福運 とでもいいますか。
   全くツキに見放された状態になって、人生転落(笑
   状態になり、20年近く苦しんでいた気がします。

   今はとある田舎で、マッサージ店を営んでますが、
   なんとかやってます。癒しを与えている訳です。

   その見返りと言うんですか?金銭を頂戴しているんですが、
   やはりもっと大きくなりたいと思い、考えている時に
   この「与え好きの法則」を知った次第です」
 

   猪村 政幸さん

・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

 「大変興味深く読ませて頂き無料であったことも大変感謝しております。
   反面無料であるので内容については疑を持っていたことも事実です。

   しかし、実際に読み進めて行く内に、それらの疑心は全て消え去りました。
   大変失礼な感情を持っていたことをお詫び申し上げます。

   原さん自身の過去に纏わるお話に決して特別な人では
   ない親近感も覚えましたし、いかに自分の覚悟が大切で
   あるか!を思い知りました。

   自分自身のなんとも中途半端な行動を反省し、
   自分の夢に確信が持てない状況でいること等も
   その背景に何があるのか少し見えたように思います。

   これからは自分自身が本当にやりたいことを見つめ、
   自分自身の体で前に進んでいかなければならない
   ことをまた再認識出来てよかったです。

   最近自己啓発に関する書籍をいろいろ読みあさっていますが、
   松下幸之助氏・斎藤ひとり氏等はとても好きな先生ですので、
  引用されている部分などには大変共感できました。

  具体的にどう進めればよいのか?!はまだまだこれからだと思        
  います。何卒ご指導よろしくお願いします」

   石川さん

・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

小川浩一さんからのシェア

小川さんの『【与え好き】の法則』の長文のご感想文です。

         ↓

クリックするとダウンロードできます。
PDFで作成されています。

「原 克之様

 こんにちは。
 いつもありがとうございます。

 僭越ながら、拝読しての私なりの感想文を作成いたしました。

 原さんへの感謝の意を込めまして書きましたが、

 誤字脱字、乱筆乱文はご容赦ください。

 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。 」

 ☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆☆★☆
 おぎゃりん☆の熱血奮起塾 塾長 小川 浩一

 URL : http://space.geocities.jp/ogyarin0930/indexhtml

 ブログ : http://plaza.rakuten.co.jp/ogyarin/         

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「私は広島に住んでいる寺岡と申します。

 このたび、原さんのボリューム満点の無料レポを読ま
 せて頂き、大変感銘を受けました。

 私は現在43歳で、副業でアフィリエイトなどをやっ
 ております。(たいして成果は出てませんが)

 今回、どこのメルマガだったかは忘れたのですが、タ
 イトルの「与え好き・・・」というのを見て、なんか
 ピンと来たのでしょうか、

 何気なくダウンロードして
 みたのですが、内容にパワーと筆者さんの愛が感じら
 れ、同時に胸にグサグサと突き刺さるような”教え”
 を頂いたような感覚で読ませて頂きました。

 私も、お金を稼ごうと思ったら、「まずは与える事」
 からというのはよく人から聞いておりました。

 ギブ&テイクではなく、ギブ&ギブ&ギブ&ちょっと
 テイクくらいでちょうどいいんだと教えてくれた人が
 いたんです。

 その感覚が、実はよくわかっていませんでした(汗)

 でも、原さんのレポートのおかげでなんとなく、腹の
 底からわかった気がしました。与える事の大事さ、そ
 して何より与える事は喜びだ、という事が。

 私もその他大勢と同じく、お金を追いかけていました。

 お金というのは、「人と人の気持ちのやりとりが形に
 なったもの」という言葉を知っていながら、です。

 でも、原さんのレポートは、私のお金に対する意識
 を、潜在意識のレベルで変えてくれたかもしれません。

 そして、まだまだ私は与える事に対して未熟者だとい
 うことを痛感しました。

 こんな私でも、コンビニでおつりをもらった時には必
 ず少額ですが募金箱に入れます。
 結婚する友人には、必ずサプライズを仕掛けます。

 でも、なんか心の底から楽しんでやっていたような気
 がしていなかったような感じでした。

 でも、明日からは違った考え方でいろんな事に楽しみ
 ながらチャレンジできそうです。

 最後になりましたが、この無料レポートは、私の今後
 の人生に大きく影響しそうな気がします。

 そして、原さんの言われるように、”与える”事を”
 楽しんで”いこうと思います。

 最後になりましたが、このようなレポートを提供して
 頂き、本当にありがとうございます。

 今後の原さんのご活躍をお祈りしております。
 それでは失礼いたします。」 

  
広島県   寺岡さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「とても感銘を受けました。

 『与える』こと、感謝することの大切さがわかりました。

 与えるというのは、『自分には何も不自由がないと宇
 宙に伝える行為』なのですね。
 新たな気づきを与えてくださり、感謝致します。」

原田 学さん

※原田さんは、ライフデザインというメーリングリストでも
『【与え好き】の法則』をシェアしてくださいました。
http://groups.yahoo.co.jp/group/l-design/message/6808

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「昨今の奪う、倒す、排除する殺伐とした競争市場で、
 give and given の考えは、together & share の
 共生共栄の思想で、心暖まる、すばらしいe-Bookです」

山本俊夫さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「『【与え好き】の法則』を読ませていただきました。
 ありがとうございました。

 いくつか感じたことを書かせていただきます。

 まずこのe-bookを読み、率直に自分は与えていないんだなぁ、
 ということを感じました。

 思い出すと恥ずかしいのですが、社会人1年目になって初の給
 料をもらったとき、すべて自分で使いました。

 親の「お」の字も頭にありませんでした。
 数年たったある日、母親が当時の給与明細を目にして言いまし
 た。

「あんた、こんなにもらってたの!?」
 本当にだめ息子です・・・・そんなことも思い出しました。

 また、多くの方が「与えること」の重要性を説いているなかで、
 Give&Giveというフレーズを懐かしく思い出しました。

 私は当時船井幸雄氏の本でこの言葉を知りましたが、まるで実
 践できていませんでした。

 先生もおっしゃるように偽善だろうがまずは実行することが大
 事だと思います。

 それと、関心を持つということにも触れられていたかと思いま
 す。

 順番がめちゃくちゃですみませんが、関心力という言葉を聞い
 たことがあります。

 自分の周りの人に関心を持つことが最近では少ないようで、そ
 れゆえにコミュニケーションも取りづらくなっている気がしま
 す。

 当店のスタッフを見ていてもそんな感じがありますし。
 自分とかかわる人に関心を持つことは「与える」ためには絶対
 に必要だと思いました。

 特に私は「お金」の章は興味深く読ませていただきました。

 お金がないと嘆く人たちは「他人からもらう」「他人から取る」

 というところで、少々残念ですが、自分の友人を思い出して
 しまいました。

 まさにそうだな・・・と。

 つまり、鏡の法則にのっとれば自分もそうなのだと....。
 私の中に自分のセルフイメージを変えたいという願望がありま
 す。

 それはこのような点があるからだと思います。

 周りの人、付き合う人物のせいにするつもりはないですが、そ
 の辺を変えていくことがセルフイメージの変化には有効ではな
 いかとも考えました。

 また、商売の面では、当初の私はお客様に「安い」という喜び
 を与えようとずっと思っていました。

 与えるというのは少々おこがましいですが、「安い」と感じて
 もらえることが自分の喜びでもありました。

 しかし、最近では自分たちの利益が優先され、ちっともお客様
 に与えていないのではないかと反省しました。

 与えるということは簡単そうですがこれほどまでに奥深いもの
 なのですね。

 実際に自分にも与えられるものがあるのか?私には何があるの
 だろうか...?

 潜勢力という言葉ははじめて聞きました。
 自分の中にある・・・確かにすべては自分の中にあると思いま
 す。

 しかし、外に求めてしまうんですね・・・お蔭様で最近は大分
 なくなりましたが^^

 いづれにしてもこのe-Bookはとても実用的だと思いました。

 与え好きの公式などは何度も読み返して使いたいですね。

 それと、「期待」と「当て」というところがありましたが、こ
 れは目から鱗でした。

 仕事では常に「当て」が優先されていました。 
 特にパートさんなどは「当て」にし、裏切られ嫌になり...
 の繰り返し。

 ま、仕事に限らず「当て」にしてしまうことは多々多くの場面
 であります。

 この「期待はするが当てにしない」は胸に刻もうと思いました。

 最後に、小林正観氏もよく書いておりましたが、「出入口」で
 あり「入出口」ではない。

 出るのが先・・・
 人間も出さなければ食べられなくなる。

 電車もバスも降りるのが先。
 そんなことを思い出しました。

 とにかく「与えることが先」ということは痛いほど頭では理解
 できました。

 次は常に「与えること」を意識してみようという気になってい
 ます。

 なんだかまとまりのない文章になりましたが、感想を書かせて
 いただきました。
 すばらしいe-bookをありがとうございました」

久保田一彦さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「『与え好きの法則』を読んで

 まず、読む前にタイトル名が私の大好きな言葉で
 タイトルを見ているだけでも心がウキウキしてきました。

 実際に読み終えた時、
 心が誰かに包み込まれているような温かさえ感じました。

 私が最も感銘を受けた文章は、
 「期待しているけど、当てにしない」というところでした。

 何故かというと、ほんの1年前まで今の仕事で
 約9年間苦しんできました。

 その原因は、「当てにしていたから」です。
 まさに、当てにしていた分それが思うようにならないと苛立ち、

 その悪循環の連鎖が始まり人間不信にもなり全てが嫌になり、
 1度だけ死も考えたこともありました。

 最近、原先生とのスカイプでの
 ビジョンカウンセリングで1年半経ち

 私も「期待しているけど、当てにしない」の
 意味が実体験を通して体感しています。

 そして、
 原先生に出逢うまで自分に1番与えていなかった事に
 改めて『【与え好き】の法則』を読んで思いました。

 だから、

 いくら他人に与えていると思っていても自分の心が満たされて
 いなければ、駄目だったんだなあと思いました。

 この『【与え好き】の法則』は、
 本を読むのが苦手な私でも読みやすく、理解しやすい文章でした。

 1人でも多くの人が、
 【与え好き】になり世界も平和になることを願います。

 そのために、
 私自身がこれから先もこの『【与え好き】の法則』のように
 実行し続けて行きたいと思います」

久保田麗子さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「いつも温かい気遣いをくださりありがとうございます。

 e-Book『【与え好き】の法則』読ませていただきました。

 私は長い間、自分を信じることが出来ずにいました。

 ですから、自分には人に与えられるものなど何もない
 と思っていました。

 けれど、この与え好きの法則を読んで、
 私にも人に与えられるものがたくさんあるということ
 に気づきました。

 私はすでに持っていたのに、使い方を知らなかっただ
 けなのですね。

 この星、この国、この時代の今ここに、私という存在
 がいる。

 それこそが私に与えられた素晴らしい賜物なのだから、
 相手が望む喜びを私らしさに包んで渡せばいいだけで
 すね。

 そして、頑張ってる自分にも理解と許しと愛を与え続
 けます。

 いつもいつもたくさんの気づきをありがとうございます。

 原さんがそこにいてくださることが私にやる気と勇気
 を与えてくれます。

 原さんの思い描くビジョンが最高に素晴らしい形で実
 現しますよう祈っています」

西野方子さん

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

    

「初めまして。ハッピーパパと申します。

 西田充弘さんのブログで知り、ダウンロードさせてい

 ただきました。

 夜中の2時にダウンロードし、

 朝4時までかかって一気に読みました。

 感動しました。

 このような小冊子を公開していただきどうもありがと

 うございました。

 私も人生を変えたいと思っていましたが、今日から与

 える人生を生きます。

 今後とも宜しくお願いします。

 お体に気をつけてこれからもがんばってください!

 どうもありがとうございました」

     

ハッピーパパさん

     

ハッピーパパさんのメルマガ      

『人生を自分らしく変える「成功法則」』

http://archive.mag2.com/0000289263/index.html

     
ブログ      

【自分らしく好きなことをして自由で豊かで幸せになる方法】

http://ameblo.jp/mynature/      

     

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「今、『与え好きの法則』読み終わりました。

 実は、私も、かつては、世間しらずで、

 「お金が欲しい!」

 と思ってはいろいろな副業を試したのですが・・・
 結果は、散々たるもので、詐欺サイトにもひっかかり、

 今となっては、情報やセミナーで学習しようにも
  金銭的に不可能で、食べるのがやっとの状態です!(T_T)

 病気にもなり・・・

 そのころに出会った情報ビジネスに出会い、
 なぜか、どんどんとブログ、メルマガと、
 5か月の間にいろいろチャレンジし現在にいたっています。

 それが・・・

 なぜか、これらは、本を読みビジネスを進めていくうちに、

 魂の奥底に命じられるままに猛スピードで進めていきました。

 しかも、メルマガを始めてすぐに
 『宇宙を味方にしてお金に愛される法則』を譲り受けました。

 このことは、気のせいか、単なる偶然に思えなくて・・・

 何か、今頑張っていることが、私の人生での課題だと思いますので、
 これから、その答えをさがしていきたいと思っています。

 そして今回『与え好きの法則』を読んで、

 幸せになるには、まず

 「人の望む事を与えていくこと」

 につきるな~~と改めて勉強になりました。

 与えないと、幸せの循環が回らなくて、

 「なんで、うまくいかないんだろう?」

 いくわけないですよね。

 私の拙い経験や学習、そしてこのテキストで納得です(苦笑)

 今、よくメールを下さっているメルマガ読者の方への

 お返事にも気を使うようになってきましたよ。

 「この方には、このお返事喜んでもらえるかな?」って。

 お返事をしたときは、とても喜んでもらえているのがわかって、
 「よかった~~!」て、すごくうれしいですよ♪\(^o^)/

 これからも、いろいろとご相談することがあるかと思いますので、

 今後ともよろしくお願い致します<m(__)m>」

榎本愛弓さん

メルマガ
幸せ配達人すずめが贈る素敵な成幸のヒケツ
http://archive.mag2.com/0000278279/index.html

ブログ『豊かで幸せなハッピーライフスタイル』
http://blog.livedoor.jp/freebird4862/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

 「以前に ビジョン実現への道-自分に克つ!を、そし

  て今回は 与え好きの法則 を読ましていただきました。

  とくに 与え好きの法則 では自分をさらけ出して渾

  身の力と誠意を持って、やりたいことの意義を示して

  下さいました。本当に有難うございました。 “与え

  好き” の表現とスローガンは非常に気に入りました。

  

  経過と内容の詳細は省きますが、私も大きく “与え

  好き” をスタートする時を迎えました。

  現在70歳を越えています。20年以上もの間、ある

  難病に苦しみながら、こつこつと自力で研究し治癒に

  努めて参りました。幸いにもやっと最近になって光を

  見出すことが出来まして、今は快癒しつつあります。

  同病で困っている大勢の仲間を助けにもなるからと、

  技術職であった力を難病の分野に活用して日夜努力し

  た結果、~~~~~~新しい視点の科学的な健康法に

  辿りついたようです。しかもこの原理は万病にも通用

  するもので、広く世のお役に立ちたくこれからどう展

  開するか、意欲に燃えて準備に励んでおります。

  いずれご意見やご指導を頂いて行こうと思っております」

  morioさん(京都)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

「原様
 はじめまして。守屋と申します。

 【守屋塾】起業・副業で長期的に成幸できる稼ぎの王道
 http://www.mag2.com/m/0000184769.html
 というメールマガジンを発行している者です。

 呼野さんのメルマガで「【与え好き】の法則」
 の無料レポートが紹介されていて
 それがきっかけで、レポートを読ませていただきました。

 与えることが大事。
 というのは、今までにも聞いたことがありますが
 要所要所で色々な有名な方の言葉を引用や
 事例を紹介しての丁寧な語りで、本当に与えることは大切なんだ!
 ということを、改めて確認することができました。

 そして、今まで以上に
 自分が幸せにしたいと思う人たちに
 自分にできることを与えていきたい。
 と思える気がしました。

 今の私の力ではこのレポートの内容を
 全部実践することは、難しいと思うのですが
 その中から、1つずつでも、できることをやっていきたいと思います。

 メール講座も受講しておりますので
 これからの講座の内容も楽しみにしております。
 今後ともよろしくお願い致します。」

守屋 信一郎さん

 【無料メール講座】
 ▽【守屋塾】アドセンスとSEOで稼ぐ実践講座
 http://www.mshin.biz/sem/adseo.html
 ▽守屋式:稼ぐメルマガライター養成講座
 http://www.mshin.biz/mailsem2/           

※守屋さんは

ご自身のメルマガでも「【与え好き】の法則」をたっぷりとご紹介してくださいました。

http://archive.mag2.com/0000184769/20081206022757000.html

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・画像の説明

掲載をご快諾いただいた皆さん
本当にありがとうございます。

本当にうれしいです。

また、お読みになった方の
ブログやメルマガ、メーリングリストや口コミで
じわじわと広がっているようで、本当に有難いと
思っています。

みなさんありがとうございます。

ご紹介用『【与え好き】の法則』の「動くバナー」を作成してみました。
よろしければ、それぞれのブログやホームページに貼り付けて
【与え好き】の世界を広げるために、ご活用くださると幸いです。
     ↓

■あなたも、ご意見ご感想、アイデア、掲載希望など、
ぜひお気軽にお寄せくださると、とっても嬉しいです。

         ↓
http://www.formzu.net/fgen.ex?ID=P539989

みんなで【与え好き】の世界を分かち合いましょう!

『【与え好き】の法則』公式コミュティを作りはじめています。

Facebookの『【与え好き】の法則』コミュニティ

よろしければ、こちらにも遊びにお越しください。

はじめての方へ

このページはe-Book『【与え好き】の法則』を読まれたみなさんの分かち合いのページです。

◆電子書籍『【与え好き】の法則』の請求方法

電子書籍『【与え好き】の法則』は、
『ビジョン実現への道』メール講座を無料購読いただくことにより
無料で入手できます。
必要項目を入力して「ダウンロードする」ボタンを押して下さい。

電子書籍『【与え好き】の法則』を、ご希望の方はどなたにも無料でプレゼントしています。

『【与え好き】の法則』を、まだ読まれていないあなたも、
いますぐ無料でダウンロードできます!

『【与え好き】の法則』katsuyuki hara VISION ART METHOD

目次

■ はじめにP1

■ 序章あなたは【与える】ことが好きですか? P13

■ 1 章【与えてなかった】私の3つの気づきP24
1.第1 の気づき『母の一言』P25
2.第2 の気づき【貧乏を直すな。貧乏になった自分を直せ!】P47
3.第3 の気づき【私に一番、欠けていたもの】P54

■ 第2 章『【与え好き】の法則』P58
1.『【与え好き】の法則』とは? P59
2. やはり成功者は【与え】ていた! P66
3.【与え好き】はモテるか? P77
4.【与えない人】って? P83

■ 第3 章『【与え好き】の法則』理論編P88
1.【与える】って何? P89
2.4つの【与える】理論とは? P96
3.【自己重要感】がカギ! P97
4.【互酬性】って何だ? P110
5.【返報性のルール】? P118
6.【認知的不協和】って? P122

■ 第4 章お金とビジネスと【与える】こととは? P124
1.お金と【与える】との関係とは? P125
2.【与える】とビジネスとの関係? P143
3.【与える】とマーケティング? P163
4.【与える】セールスマン? P175

■ 第5 章具体的に何をどのように【与える】といいのか? P184
1.なにを【与える】か? P185
2.お金がなくても【与えられる】? P196
3.実は与えられていた! P227
4.中にある! P232
5.【与える】と才能とは? P255

■ 第6 章「与えるコツ」って? P272
1.【先に与える】P273
2.【相手が望む喜び】がポイント! P282
3.どれくらい【与え】ればいいか? P303
4.【見返りを忘れる】はできるか? P311
5.好きになる! P328

■ 第7 章さあ、あなたも「与え」よう! P333
1.【与え好きの公式】とは? P334
2.【感動】は思いがけずやってくる? P337
3.【与える】は【偽善】か? P345
4.どのように【与え】ればいいか? P365
5.自分に【与える】とは? P367
6.【与える】恐れとは? P381
7.【飛び込む】! P389

■ 第8 章幸せとは? P395
おわりに【人の喜びが自分の喜び】P408
著者プロフィールP425
奥付P433

本文より

ひょっとして、
あなたは、このような人でしょうか?

・なんとなく【与える】という言葉にひかれる人、

・そういえば、今まで受け取るばかりで、
 「あまり人に【与えて】いなかったなあ」という
 心当たりがある人、

・今までの自分には【与える】ことが
 欠けていたのかもしれないと思ってる人、

・今の人生を、もがき苦しんでいる人、

・人生を好転させたいと思っている人、

・人生打開のヒントを求めている人、

・お金のことで悩み苦しんでいる人、

・借金で夜も眠れない人、

・人間関係で苦しんでいる人、

・なんとかして人生を変えたい人、

・勉強は好きだが
 何をやってもうまくいかなかった人、

実は、
ここにあげた人たちは、そのまま、
かつての私自身の姿です。

そしてこのe-Book『【与え好き】の法則』は、
このような人たちに、
ぜひとも読んでいただきたいと思い、
一生懸命書きました。

私はこれまでビジョンアーティストとして10年間、
クライアントの方々の【本当にやりたいこと】を
共に見つけ、そのビジョン実現のサポートを
メインに専門業務としてきたため、
200人を超えるクライアントの方々の人生相談や、
ビジョンカウンセリングをさせていただきました。

そして、
わたし自身の苦い経験と成功体験も
たくさん味わってきました。

その中でビジョン実現をされる方の
共通点に気づきました。

ビジョン実現をされる方と、
なかなかビジョン実現されない方との
「差」は、どこにあるのでしょうか?

・・・・・・画像の説明

つづきは本編をご覧下さいね。

◆電子書籍『【与え好き】の法則』の請求方法

電子書籍『【与え好き】の法則』は、
『ビジョン実現への道』メール講座を無料購読いただくことにより
無料で入手できます。
必要項目を入力して「ダウンロードする」ボタンを押して下さい。

電子書籍『【与え好き】の法則』を、ご希望の方はどなたにも無料でプレゼントしています。

『【与え好き】の法則』を、まだ読まれていないあなたも、
いますぐ無料でダウンロードできます!

ビジョンアートメソッドが
10年目になり、今までの感謝と共に
これから新たな船出の意味も込め、構想より
ほぼ半年かけ、多くの方々にお役に立てればと
全434ページを毎日心を込めて執筆しました。

ご希望の方はどなたにも無料でプレゼントいたします。

   

あなたの人生のヒントになれば幸いです。

 

みんなで【与え好き】の世界を分かち合いましょう!

※『【与え好き】の法則』は、特定の宗教、思想、
政治、精神世界とは一切関係がありません。




▶あなたの【本当にやりたいこと】の見つけ方のヒントが満載
「無料メールセミナ ー」があります。

ビジョンアートメソッド無料ネットセミナー
10回に渡り、自宅にいながら、あなた ひとりでも受講していただける
『【本当にやりたいこと】の見つけ方』のヒントを、
メールセミナーでお送りします。
今すぐ、以下からご登録ください。
         ▼

ではメール・セミナーで
あなたとお会いできますこと楽しみにしております。




▶スマホの方は一番下の切り替えボタンより、
お好きなサイト画面でご覧ください。
 

Tag: ビジョンアートメソッド 本当にやりたいこと 原 克之 ブレない自分軸 ビジョンアート ビジョンカウンセリング 『【与え好き】の法則』 人生好転

powered by HAIK 7.1.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK