【お金の味】実録1億2700万円借金地獄生還記

『借金の底なし沼で知った「お金の味」』を

久しぶりに再読した。


ある方のメルマガで絶賛されて取り上げてあり、
かなり気になっていた。

すぐに購入し、ワクワク、ドキドキしながら、
アッという間に読み終えた。

著者は、当時38歳、数々のベストセラーを出し、
しかも行政書士事務所経営、不動産業、
ホテルチェーン経営で大成功をおさめた。

だが、

25歳年収240万円のフリーターのときに
不意に背負った5400万円の借金が、
5年間で1億2700万円まで膨れ上がった
過去があった。

自己破産もできない状況に追い詰められたが、
マーケティング技術を極め、ついに10年後、
完済したという信じられないような事実の本だ。

著者は、執筆を依頼されたとき、
「幸せなお金持ちになろう」みたいな
テーマではとても書けそうにないと思った。

なぜか?

「僕は、それと程遠い、金のために神田川のドブの
 腐った水をたらふく飲まされるような10年間を
 送ってきたからです」という。

そして、
「借金が人生の師でした」という。

また、「ヤバイ状況では寝てしまえ」という
究極の借金地獄脱出法も書かれている。

彼は、

どうやって1億もする借金を返したのか?

「理詰めで金を儲ける力」とは何か?

そして、

借金を抱えた時の、
1日中日の当たらない薄暗いアパートの
湿った布団の中で考えた偽らざる感情とは?

また、

貧困のサイクルとは?

納税意識を麻痺させる国の目的とは?

学校という思想教育とは?

どん底でつかんだ成功法則とは?

そして「お金の味」とは何か?

その答えとは?

金森氏のこの本は、

机上の空論ではなく、

「理詰めに考えた」上での【実体験】の凄みがある。

むかし私は
今後の人生で大いに学び応用しようと決意を固めた。

この書は

特に、現在、借金の真っ只中にあり希望の光と、

具体的にどうやったらいいのか?

糸口が見えない人に、ぜひ読んでほしい好著。
 
脱出口のヒントはここにある。
 
 
 
https://amzn.to/3eJl4XQ

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. 【道】道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。心を定め、懸命に歩まねばならぬ。それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。深い喜びも生まれてくる。

  2. 会話によって共感が生まれ、お互いの気持ちが共振、共鳴し合って笑いが生まれる。

  3. 決して倒れないのが良いのではない。倒れたらすぐ起き上がるのが貴いのである。

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP